L project

2008年
The Lazarus Project
監督:ジョン・パトリック・グレン
出演:ポール・ウォーカー、パイパー・ペラーボ、ランベール・ウィルソン

ネタバレあり


ネタバレあり。ポール中心。
真面目に働き、まわりの信頼も厚いベン(ポール・ウォーカー)は、ダラスで美しい妻リサ(「コバート・アフェア」のアニー役、パイパー・ペラーボ)とかわいい娘ケイティーとつつましくもあたたかく暮らしていた。
自由の身だ!と夫婦で喜んでいた仮釈放最後の日(の翌日だったかな)、弟のリッキーが家を訪ねてくる。
窃盗罪で刑務所から出てきたリッキーは、ベンに強盗の仕事を持ちかけてくる。
過去に強盗で捕まって家族に寂しい思いをさせたことを後悔しているベンはそれを断る。
しかし翌日、過去の罪をオーナーが知り、ベンは会社をクビになってしまった。
仕事を失ってしまったベンは、リッキーの話にのることに。
強盗は失敗。その上弟を含め死者も出てしまい、ベンに死刑が宣告されるのだった。
ベンが直接手を下したわけではなかったが、2年後、薬物による刑が執行された。
雨の中、郊外の通りを歩く男性。それはベンだった
精神病院の管理人として、家族の元へ戻ることは許されず、新しい人生をやりなおすチャンスを与えられたベンだったが・・・・
いつになっても何がどうなるのかさっぱりわからんサスペンスー←表現悪い(笑)
しかし精神病院の院長から「事実」が告げられた後、一気にストーリーは加速する。
ポールが演じるベンは、素敵なパパ役。
冒頭の娘ケイティとのやりとりは、とてもあたたか。
(でも話す内容は、この映画を表している)
過去に何か罪を犯しているらしいが(後で窃盗とわかる)、改心し、家族をとても大切にしているのがよくわかるシーン。
リサをみていても、これまでのベンの努力がよくわかる。
そんな大切なものを、なぜ手放そうとしてしまったのかは、やはり、職を失って、家族を路頭に迷わせるわけにはいかない、という使命感だろう。
その決断は、ワイルドスピードMEGA MAXのブライアンにも通じるか。
刑が執行される前の最後の面会で、もう戻らない。ずっと愛している。と娘に語る姿は、涙なしにはみられん。
管理人になってからも、リサとケイティに思いをはせながらも、悲しみを押し殺し、なんとかこらえてきたのも、リサとケイティを危険に巻き込みたくないため。
終始、家族愛を感じる。
ただ、何だかわからない状況に巻き込まれているので、ストーリーの大部分は、とまどいの表情。
そんなこんなだから、ベンの優しさが見え隠れする、その隠れたところを掘り起こしたくなった。
同僚への接し方もそうだし、カウンセラーのジュリー(「ER」のサム役でおなじみのリンダ・カーデリーニ)との語らいシーンなどは、束の間のほっとするシーン。
そして、迷いわんこを結局家に招き入れてしまうのが、とっても”らしい”(笑)
しかも名前はDOG(爆)すっごくシリアスな役柄なのに、どこかにポールが入ってるよ(笑)
以下、オチのネタバレ感想です。大ネタバレ大会なので、未鑑賞の方はご注意を。
LプロジェクトのLはLazarus。キリストが甦らせたラザロのこと。
Lプロジェクトとは、犯罪者再生計画でしたが、ベンはその陰謀を打ち破り自力で復帰をとげました。
えーと・・・・犯罪を犯したのは間違いないんですけど~(^^ゞ
家族と離れた2年間+アルファの期間で十分償ったということでよろしいでしょうかね。
いやぁ、ケイティー良い子に育ってて泣けました
リサがまたよき妻、よき母。
ベンとの再会を心から喜んでいる姿に泣けてきた。
強盗に手をかけたこと自体が裏切りなのに、ずっと信じていてくれたのね。
アニー・・・じゃない、パイパーさん、良い表情してくれます!
幸せなエンディングで良かった(*´ω`*)
この後どうなるんだと考えると・・・ハッピーかどうかよくわからないけど、暗く悲しい時間が長かったので、後味悪くなくてよかった。
RIP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA