テイカーズ

2010年
TAKERS
監督:ジョン・ラッセンホップ
出演:マット・ディロン、イドリス・エルバ、ポール・ウォーカー、ヘイデン・クリステンセン 他

ネタバレあり


再鑑賞なので、ネタバレ全開でいきます。ご注意ください。ポール中心ミーハーレポ。
完璧な犯行を完遂する強盗グループテイカーズ。
今回も、大がかりな銀行強盗を遂行し、過去最高額のその金でゴージャスに暮らしていた。
彼らは時間をかけて計画を練り、大きな仕事は一年はあける。という鉄則に従って仕事をしてきた。
だが、出所したかつての仲間ゴーストが、大きな仕事の話を持ちかける。
過去の仕事で、怪我をして置き去りにせざるをえず、彼は捕まり、拷問を受けたが、テイカーズのことを一切口を割らなかった。
その借りもあり、話をきくことに。
決行は5日後。仲間内での賛否はあったが、鉄則を破りその仕事を受けることに。
やるとなれば、緻密に計画を練り、決行あるのみ。
そんな彼らに一人の刑事が徐々に近づいていく・・・
ジョン・ラーウェイ役のポールのスーツ姿がとってもスタイリッシュで素敵!な作品。
スーツ姿の作品てあまり多くない。
ワイルドスピードMAXでも書いたけど、スーツは男の戦闘服!という感じがして大好きだ。
スタイルが良いので、めちゃめちゃ美しい。かっこよすぎる!
たとえ中の人の普段は、似たようなシャツを着回しあんちゃんスタイルにはだしやビーサンでも(笑)
ギャップがまた良いのかも♪
ポールのスタイルはもちろん、映像の雰囲気もスタイリッシュ。
こういったチームは、でこぼこ感があったりするものだけれど、チーム全員が粋でかっこよい♪
確かBONE DEEPというタイトルで撮影してたよね。
ヘイデンとの共演!と楽しみにしていたのが懐かしい。
ヘイデン演じるAJは、いきがってて小僧ちっく。
その対比もあってか、ジョンが大人~どっしり頼もしくみえる。
なんつってもリーダーの片腕。チームのナンバー2。
銃の腕もすごいらしく、スナイパー係。もしや元兵士とかなのか?過去が知りたい。
狙いをつける目のクローズアップにほれぼれ(* ̄▽ ̄*)
監督も、ポールの青い瞳はスティーブ・マックイーンを思わせる。と言っておりました。
言い方は忘れたけど、次に何が起こるか気になるような瞳とかそんな感じだったかな。
私にとっては、次に行かないで!と時間を止めてしまう瞳です♪
そして、さりげない気遣いができる優しい男でもあります。
ただ、他のキャラにある友情愛情家族などの背景が、ジョンにはない・・・
リーダーとの友情くらいか。でも円熟カップルみたいなわかりあった二人の関係は既にできあがっている。
それはそれでよいし、ジョンはとことんかっこよいのだけれど、すべてにおいて安定している。その点演技の見せ場面などで、物足りない感。
以下、クライマックス~ラストのネタバレ感想に入ります。ご注意を。
作戦のクライマックス、一瞬のズレで作戦中止になりそうなところ、ジョンが突破口を作りました♪
度胸もある。そして、運転シーンはお手の物!です。
でも、少しのズレからトラブルを呼び、さらにゴーストの裏切り。悲劇的な終盤を迎えることに(TT)
最後、ゴードンの危機にかけつけた救世主。
無傷だったのはジョン一人。喜んでいいのかどうなのか・・・いつも、少しひいた位置にいて、その分ドラマはなかったからね
最初にゴーストの話を聞き、チームに会わせてしまったのがジョンだったので、後悔だとか葛藤だとか悩んだりとか、そういうシーンがあったらよかったのに。
最後まで、かっこよいジョンでありました。
RIP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA