ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い

2012年
Fire with Fire
監督:デヴィッド・バレット
出演:ジョシュ・デュアメル、ロザリオ・ドーソン、ブルース・ウィリス

ネタバレあるかも。


消防士のジェレミー(ジョシュ・デュアメル)は、家族のように思う仲間たちと共に、充実した日々を過ごしていた。
ある日、立ち寄った店にヘイガンががやってきて、店を渡そうとしない店主とその子供を撃ち殺してしまった。
ヘイガンを有罪にするには、すべてを目撃したジェレミーの証言が頼り。
だが、ギャングのボスであるヘイガンは、あらゆる手を使ってでも脅しをかけてくるであろう。
ジェレミーは、証人保護プログラムを受け、証言することを約束した。
だがヘイガンの魔の手が忍び寄ってきていた・・・
***
私がすごく苦手とする部分が根底にあった。
主人公は追い詰められてどんどんエスカレートしていくのだけれど、
それを正当化するような後付け理由が、言い訳じみた台詞にきこえてしまって・・・
更に言えば、サブタイトルがやや意味不明(^^ゞ
そこは目をつぶって観ることにしてみよう。
消防士ですと!
消防士ものが好きなので、カバーをみて、すごくうれしかった。
もうちょっと消防士なJoshがみられたらうれしかったのだけれど、消防士としてのシーンは、あっと言う間だったのは残念。
でも証人保護プログラム下でも、そちこちで、消防士としての知識や技が活かされているのが面白かった。
(が、突っ込みどころも満載だ(笑))
消防士の防火服が戦闘服だ!って感じもよいが、着てたの最初と最後だけだった(^^ゞ
そこをもっと活かせたら、他のスリラーアクションと一線を画したものとなった・・・かも知れない。
この作品を観ようと思った理由は、TVドラマシリーズ「ラスベガス」のJosh Duhamel主演のアクション作だったから。
ラブコメ系の出演が多く、出世作の「トランスフォーマー」はもちろんかっこいいけれど、主役ではなかったから、Joshの作品選びにはちょっと不満が残っていた。
その部分ではこの作品は大変満足。アクション作でメインで活躍するJosh見放題だ♪
DVDのカバーだとBruce Willisがメインっぽく写真が出てるのだけれど、目当てで観た人はがっかりするかも知れない。
渋い位置ではあるのだけれど。
「ラスベガス」のマイク役のJames Lesureが親友役で出てるのは嬉しい。
他にも海外ドラマ組が割とたくさん出ている。
監督さんが、いろんな大ヒットドラマにかかわってる方だった。もともとはスタントマンらしい。
海ドラ組さんに機会があったらチェックしてみてほしい♪
Josh眼福。それに尽きる。

2 thoughts on “ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い

  1. takbout

    SECRET: 0
    PASS: ff263692b116a2439d756ec5f9ae0798
    お久しぶりです。少しは、日常に戻られましたか?
    今まさに観賞した所です。
    自分も正当化するのは、どうも~と思ってしまいます。(^_^;)
    特に、消防士という職業がら、人助けをする立場なのに・・・。
    そこは、一緒に目をつぶる事にしました。
    骨太のかっこいい、ジョシュでしたね。
    最近、「セイフヘイヴン」を見ました、それもよかったですよね。
    他も何かお薦めがありましたら、教えて下さい。

  2. まめ◆takbout様

    SECRET: 0
    PASS: e7b58ff9e469b4ad0a90680642cf3d27
    ◆takboutさま
    こんにちは~
    ありがとうございます、だいぶ日常に戻りつつあります(^-^)
    そう!そうなんですよ
    消防士という位置にいながら、そういう行為は、まったく葛藤ないのか?
    とか、心理描写など気になりました。
    そこで止まると作品楽しめないので、目をつぶって
    Josh堪能に徹しました(笑)
    こういう役柄もっといっぱいあると嬉しいんだけどな~
    「セイフヘイヴン」は恋愛ものと聞いて二の足を踏んでます。
    良かったなら、観てみようかな♪
    そんなこんなで、恋愛ものをスルーしてるので
    takboutさんのほうがJosh作品ご覧になられているのではないかと思います(^^ゞ
    オススメあったら教えてくださいませ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA