ワールド・ウォーZ

2013年
World War Z
監督:マーク・フォースター
出演:ブラッド・ピット

自分覚書。ネタバレあり。


情報を入れずに作品を鑑賞する派なので、この作品も、世界大戦というタイトルから観てみようと思った。
まったく想像と違った(笑)
前職を退職し、妻と娘二人と幸せに暮らすジェリー・レイン
子供たちを学校へ送るため妻子を車にのせ外出したところで、渋滞にハマってしまう。
警察車両が渋滞の先へと走っていき、その中にジェリーの車のミラーをなぎ倒して走っていくバイクも。
ただならぬ空気を感じたジェリーは、暴走する車両に続き猛スピードでついていく。だが、それも長く続かず、多重事故となり家族と共に車から逃げだす。その時みたものは、人が人を襲いかみつき、かみつかれた人が覚醒後人を襲うという光景だった
Zってゾンビのことだったのか・・・
私が知るゾンビは、ゆったりとした動きにホラーホラーした絵面。
この作品のゾンビの動きの速さに、はやっ!とつい笑ってしまった(^^ゞ
作品全体としては、あきたりもせず、最後までそこそこひっぱってもらえた。
でも、ここまでたもってきた気持ちが、ラストの落としどころでガタっと落ちてしまった。
以下オチネタバレにふれます。
ゾンビって言っても、この映画の中では、もとは何の悪意もない人間が噛まれたことで感染する病気みたいなものという表現だった。
完全悪で、それを倒す。退治する。という発想しかないのが悲しい。
まだ感染していない側の逃げる方法を考えたならば、同時にゾンビ側を治療する方法ももうちょっとがんばろうよ・・とか思ってしまった。だって襲われない方法がわかったんだから当面無害でしょ
もし家族が感染していたら、ジェリーはどうしてただろうね。
原作があるということなので、もともとの設定なのかしら。
そんなこんなで、私は、ラスト後味悪かった。
けど、ゾンビ映画って書いてあったらホラー苦手だったから、絶対観なかっただろうし、後からツッコミどころはあれこれ思い出すものの、観ている間は、最初から最後までそこそこ楽しめたのでよしということですね

2 thoughts on “ワールド・ウォーZ

  1. takbout

    同じくです。(-_-;)
    自分もゾンビだって知ってれば、もう少し覚悟を決めて観賞しましたです。オチも、せっかく、違いが分かったのに~、残念だったです。
    目的は、数分登場のモーリッツ君です。
    出てくるまで、長かった~。(^◇^;)

  2. mame 投稿作成者

    ◆takboutさま

    この作品=ゾンビ映画って、そんな宣伝を耳にしたことがなかったので、宣伝ではひた隠しにしたんでしょうかね(^^ゞ
    お目当てさんがあると、長く感じるタイプの映画ですよね。
    今思えば、目当てがなくてなんでみたんだろ、と不思議に思ってます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA