岳/石塚真一

主人公の三歩が、北アルプスでボランティアで救助をするというコミック。
終盤に至るまで、毎回三歩がさまざまな遭難者を救助する、というパターン。
遭難者の背景が描かれて、主人公目線だけではないので、繰り返しと言っても飽きることはない。
三歩のキャラクターが、おっきくてやさしくてまっすぐ。とても魅力的に感じた。
勢いで全18巻、一気読みしてしまった。

この作品を読むきっかけとなったのは、イモトさんのエベレスト登頂チャレンジ。
バラエティ内でこうしたことをすることには賛否両論あるようですが、彼女のガッツは純粋にすごいと思う。
今まで、イモトさんが次々と山を制覇してきたとき(登頂ならずもあったが)には特に感じなかったのに、エベレストのアイスフォールで崩落があり、今年のエベレストチャレンジが終了。
多くの人が登れるようになったとはいえ、相手は自然。厳しい山ということを実感。まずエベレストというものが知りたくなったのだ。

以前、テレビでこのコミックの映画化を観たことがあるのだが、その時はあまりピンと来なかった。
漫画を読み終えて、あらためて映画を観たけれど、三歩さんなところもありつつも、やっぱりこれは三歩さんじゃないな、と。
でも、あの映画があったからこそ原作に辿りつけたのだから、感謝している。

毎回救助の話が続くのだが、終盤は場をかえて、ヒマラヤの山が舞台となる。
ここにさしかかったのが、真夜中だったのだが、続きが気になって朝方近くまで止まらなくなってしまった(^^ゞ
そしてラスト。
いろんな感情がごちゃまぜになった。久しぶりに感じた気持ちだった。(興奮しすぎて、益々眠れなくなった)

このラストはこれまた賛否両論あるようだが、私は、三歩さんらしいラストだったのではないかと思う。

そして今、実録系の本を少しづつ読み進めているところ(ヤマケイ文庫さんお世話になりますw)
山岳もの初心者。これから小説やら実録やら楽しみがいっぱいである♪
(現在読んでいるのは「処女峰アンナプルナ」)

さて、山岳ものにハマって山登りがしたくなったか?
否。
読めば読むほど怖くなって、私なんぞが近寄ってはならぬ場所と認識を新たにしました。
山登り誘われると思って買ったトレッキングシューズが使える日はいつになる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA