映画」カテゴリーアーカイブ

onceダブリンの街角で

監督:ジョン・カーニー
出演:グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ
2006年
ある日ダブリンの街角で、ストリートミュージシャンとチェコからの来て暮らしている女の子が出会った。

自分が今まで見た中で、ミュージシャンや音楽家が主役の作品は、音楽がイマイチな時が結構多かったものでした。そこまでもってきた、ストーリーラインも、その音楽で、アレ?とぶちこわしになったりすることが多々。音楽をメインにするってとっても難しいんだなぁと思っていました。
ところがどっこい!ですよ。
この作品は、音楽の素晴らしさが作品自体を押し上げてる。
とてもシンプルな作品。手抜きなしの音楽に、それぞれのシーンが、さらにドラマティックに感じてくるから不思議。

音楽で過去を語り
音楽で愛を語り
音楽で今を語り
音楽で心を語る

音楽って素敵!!

あ、ちなみにミュージカルではないので、唐突に歌いながら台詞のように愛を語ったりはしません。
どちらかというと、ミュージックビデオが挿入されてるかのような音楽シーンという感じかなぁ。
なので、ミュージカルは苦手!という方でも大丈夫かと思います。

音楽がつなぐ人の縁。

ほんわかほっこり♪

あぁ、銀行の借り入れシーンとか最高に好き!(笑)
余談ですが、ダブリンと言えば、舞台「ダブリンの鐘つきカビ人間」を思い出す私ですが(泣けるんだな~これが。)ちゃんとアイルランドに実在する街の名前だったんですね~。
↑無知ですみません。
そうか、U2とかの出身地なんだ~
ダブリン、行ってみたくなっちゃったな~

1/14.15と主演の二人が東京で再公演するんだそうな。
行きたくなっちゃいます~(現実には無理ですが)

ブログランキング・にほんブログ村へ

ハッピーフライト

監督:矢口史靖
出演:田辺誠一、綾瀬はるか、時任三郎

我が家は矢口好き。
「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」とほんわか楽しい作品が続いたので、
この作品だって、楽しいに違いない!と確信して行ってまいりました。
この流れって、過剰な期待を持って見るわけだから、不利ですよね(笑)
それなのに、三作目でも期待を裏切らないところが凄いな~と。

とにかく、味のある人たちはいっぱい出ても、心底悪人はいない。
こういう人いるいる!なキャラたち。普通なんだけどでも普通じゃない(笑)
空から陸から、こんな部署があったんだ?な端っこまで。
飛行場に携わる皆さんの群像劇♪

いや~ほんわかたのしかったっす~(「!」ではなく、語尾は「~」な感じ。そんな空気を感じていただければ(笑))
あらすじとか、前情報とか一切なく観てほしい作品だな~

この作品、機上で試写会が行われたそうですが、
この作品を観ながら飛行機に乗りたくないね~とお話して帰ってまいりました(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ

愛しの映画館バトン

いつもお世話になります哀生龍さんからバトンをまわしていただきました
(ありがとうございました♪)

哀生龍さんの回答はこちら

***
今までも何度か書いていることかも知れませんので、

何度も似たようなこと読まされている方は、ごめんなさい(^_^;)

1.年に何回ぐらい映画館で映画を見ますか?

引っ越した先での映画館状況によります。
今の場所では年に数本
生涯で考えても最近が一番少ない(^_^;)

2.最後に見た映画は?

スピードレーサー吹替え版
映画館貸切で(笑)

3.初めて見た映画は?

いつも「ベンジー」と書いています

一番最初かどうかの記憶はないんですが、
この映画での体験を強烈に記憶しているので。
その話はまた以下で
映画好き一家だったので、もっと前に観ている作品があるかもしれません。

4.映画館では飲み食いしますか?

します
OL時代は映画友と金曜の夜に会って観ていたため、

夕飯場所もかねてたので、その名残かしら。
最近は、飲み物はカフェオレ系が多く、
食べ物はポップコーン味比べとかが多いです。

5.主に誰と観に行きますか?

かつては映画友と映画友の会とか勝手に名づけて

週一本ペースで見てました
今は相方くんと月一本観ればいいほう

6.映画館でうれしかった思い出

チョコレートをはじめいろんなものの食べ比べをしたこと。
↑アホですんません。
暗闇なので、味の違いがよくわかる(笑)

感想を語り合うのはちゃんと映画が終わってからなのでご安心を(笑)

入れ替え制がなかった時代は、
一日を映画館で過ごすというのも可能。
2本立てはあたりまえ、3本立てとか5本立てとか平気でやってたのも
疲れたけど、うれしかったな~
だって同じ金額でいっぱい観られるわけですから♪

アウトサイダー、初体験リッジモンドハイ、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカの三本立てが一番疲れたな~
組み合わせめちゃめちゃ(笑)
アウトサイダーを最初にみて、二回観ようと画策したけど、
さすがに途中で疲れて。。。ワンス~が長かったのが誤算でしたね。

この二本立ても嬉しいもので、
目当てのメイン作のおかげで、併映の素敵作品発見できた
なんて機会も、結構ありました。
「ファンダンゴ」は、そんな作品でした。

7.映画館で悲しかった思い出

昔は、席がきまってたりしなかったので
前の上映中に席を確保しに入ったりしたわけなんですが、
当然、館内は真っ暗。

手探りでここだ!と思って座ったら、すとん。としりもちついちゃった。
折りたたまれてる椅子の根元が壊れてたんですね(^_^;)

あとは、映画館内の階段で大落下。
両足酷い捻挫をしたこと。
そのときの上映作「プルーフ・オブ・ライフ」は
いまだに観ておりません。

8.映画館で困った思い出

はじめてみた映画にあげた「ベンジー」は
幼少時に姉と二人だけで観たわけなんですが、
オープニング3分くらいで、映写機が故障して
真っ暗になっちゃいました(笑)
修理のため、と映画館から出されたけど、

おくってくれた母とかは帰っちゃった後だし
不測の事態に対応できない繊細な子供だったので、
私はかなりドキドキしていた記憶があります

9.パンフレットは買いますか?またそのタイミングは?

昔は必ず買っていましたが、今は買いません。

引越し荷物が増えるので(^_^;)
↑とか言って、それ以上に場所をとる海ドラハコが増えてるのは、ナイショ・・・
買っていた頃は、映画が始まる前に購入して、
出演者とかをチェックしていました。

10.次に回す人(3人~5人)

お持ち帰りしたい方は、お声かけてくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

Shelter

Shelter
(字幕/CCなし)
監督:Jonah Markowitz
出演:Trevor Wright, Brad Rowe, Ross Thomas

2007年

アート方面を目指す夢を持ちつつも、無責任な姉の甥っこの面倒をみて、ダイナーに勤めるザック(Trevor Wright)。
幼馴染の親友ゲイブ(Ross Thomas)は、金持ち家庭で、大学生活を謳歌中。どこで違ってしまったのか・・・そんな思いに駆られているようなザックの逃げ場は、合間のアート、そしてサーフィン。
ある日、帰省中のゲイブの兄ショーン(Brad Rowe)と出会うが・・・

絵ハガキ用にたくさん切り取りたくなるような、素敵な画
いつでも午後の夕暮れ前みたいな、あたたかな日差し、
心地よい音楽の流れるサーフィンシーン、
そして、美しい夕暮れ時。
終始やわらかな映像で流れる数々のシーンは、
大画面で堪能できたらそれだけでも、じっくり浸ってしまいそう。

そんな癒される場面場面も、またザックの心理とすごくリンクしていた気がします。
日が落ちかけている海は、吸い込まれそうに綺麗、だけどとても恐ろしい感じも。
壁に刻まれていっていたザックのアートもまた、彼の人生を物語っているようで。

ゲイムービーなのですが、美しい映像を心がけている感じなので、あまり生々しくはなく、女性にとっての幻想的映像というか・・・
いや~んと思っている方でも、違和感なく入れるような気がしました。
(生々しいってどんなのを言うんですか?という質問は受け付けません(笑))

というか、ゲイムービーと一言で言っても、恋愛恋愛した映画ではなく、基本は主人公が人生に迷い悩む成長物語な部分も大きかったのも良かったと思います。
雰囲気美人さんな映画で、大好きな作品のひとつとなりました♪
字幕もクローズドキャプションもついていなかったのが残念。日本語字幕付できちんとみたいっす(><)

ザック(Trevor Wright)がかわいがってるおいっこのコーディがまたかわいいこと!!!
ザックのことをDadとしたっていて、ザックもとってもかわいがってるのがいいんですが、また、ショーン(Brad Rowe)のコーディとのシーンもかわいいんだな(笑)砂場で一緒に砂を壊す姿やコーディが欲しい食べ物を聞くシーンなどは、ショーンも子供状態(笑)

ちなみにコーディ役のJackson Wurthくん、HEROESに登場してました。
にーちゃんペトレリ、ネイサンの息子だって!あらん、気づかなかった~
ますます、親近感が(笑)

さて、Rossくん目当てでみた作品ですが、
お金持ちのお坊ちゃまという、ザックとの位置の対比的役割を
担ったゲイブ役。
かなり登場シーンは少ないんですが、彼もまたなかなか良い位置に。
唯一のコメディキャラというか(笑)
別な意味で癒されます。

こちらは、また別枠で、画像入りで紹介させていただきます♪

Thanks,friend!

ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカン・パイinハレンチ・マラソン大会

あぁ、私のブログにこういうタイトルが載るとは・・・・
困った(笑)

***
作品の感想ではありません。
管理人が応援するRoss Thomas
紹介目的のエントリーです。
Rossくん紹介シーンのネタバレあり
***

◆TBができませんので、リンクで♪

かいやの徒然なるままに:American Pie :Naked Mileの感想はこちら

<br>

American Pie Presents: The Naked Mile
監督:ジョー・ヌスバウム
出演:ジョン・ホワイト、キャンディス・クロスラック、ユージーン・レヴィ
2006年

絶対みないタイプの青春オバカ映画。
仮病をつかって親のいぬまに、えっちDVDで・・・
そこへ親と祖母が帰宅して、その祖母が・・・
と、冒頭からオバカ&ブラック全開(笑)
主人公は恋人はいるものの、なかなか一歩先に進めない童貞くん。
あとご想像通りの展開です(笑)

えーと、本当に簡単に。でスルーさせてください(^^ゞ

Rossくんは、主人公の親友・・・いや悪友ライアン役
最初は、主人公がいろいろ教えてあげてたのに
今じゃ、学校一イケてるヤツ。とは、主人公の弁


いわゆる筋肉バカ(笑)
せっせと鍛えておりました~


金曜の夜、くりだそーぜ~♪な悪友三人組
↑こういうノリは嫌いじゃない(笑)


なぜか繰り出した先でフットボールに参戦することに
(ライアンは、フットボール部という設定)
相当の強敵チームとの対戦に一言
「ちっちぇ~」


なるほど。


そしてまぁ、いろいろあって・・・←はしょりすぎなり。
最後は、タイトルのハレンチマラソン大会(Naked Mile)になるわけです。
最初ためらってた三人も


ぬぎぬぎ


で、ある薬をもらうんですが、
それを、エクスタシーかと思って
度胸つけようとのんじゃうライアンくん


でも、実は、4時間きく・・・・・・・薬。
「マジかよ・・・」
自分の○○をみおろすライアンくん
もう、オバカすぎて・・・( ̄▽ ̄メ)
イヤン♪( ̄▽ ̄人))((人 ̄▽ ̄)イヤン♪
開き直って胸張って走ってましたよ(^^ゞ

でもそれだけじゃ終わらなくて、
(なにせ4時間なので・・・)
”その”状態のままパーティー突入
画像は、まずいだろうな~(^^ゞ


”それ”をいかして、対決コーナー!”
なんとバケツをひっかけて・・・(以下自粛)
輪投げ大会・・(以下自粛)
もう私はどうしたらいいのでしょう・・・

トランクス姿で、はじけて踊る姿は、
お坊ちゃまのイメージがガラガラガラガラガラ・・・・( ̄□ ̄;)
でも、少なくとも腹筋は堪能できましたけどね(笑)


なんだかんだと、親友思いのライアンくんでございました♪

前作で、初シャワーシーンだよ~ふ~
と、顔仰いでいたRossくんが、懐かしくなるような作品(笑)
こっちが顔仰ぎたくなりました(^^ゞ

Rossくん、がんばれ~

ブログランキング・にほんブログ村へ

冬の恋人たち2

***
作品の感想ではありません。
管理人が応援するRoss Thomas
紹介目的のエントリーです。
Rossくん紹介シーンのネタバレあり
***

The Cutting Edge: Going for the Gold
監督: ショーン・マクナマラ
出演: クリスティー・カールソン・ロマノ, ロス・トーマス

2006年

◆TBが受け付けられないのでリンクで♪

かいやさんの冬の恋人たち2の感想はこちらから

***

結論から言えば
とってもベタでした(^^ゞ

タイトルそのまんま、金メダルに向かって、
スケートがんばるぞ!な青春映画。
主役のジャッキーは、女子シングルスケート選手。
怪我をしたことから、ジャンプの負担が少ないペアに転向し、トリノオリンピックを目指す。というお話。
あまりの直球勝負に、後半は、みてるこっちが赤面してしまった(笑)
ベタは嫌いじゃないので、気持ちがのってるときならば、
違ったかもしれないけれど、今日はちと・・・・
ということで、感想を軽くスルーさせていただき、
早速いってみよう~

冒頭にも書きましたとおり、私がこの作品をみたのは、
Ross Thomasくん目当て。
なぜRossくんなのかというと、・・・・・・・そのお話はおいおい(笑)
「ビヨンド・ザ・ブレイク」のベイリーの中の人って、
すごく謙虚でいい人なんだな~というところから始まりました。
(「腹筋好きが先じゃ?」というツッコミ、したいですか?Kいやさま(笑))

そのRossくんは、主役のジャッキーの相手役のアレックス・ハリソン役。
なんでも、Rossくんは、かわいらしさで配役されたらしい(笑)
(しかも撮影三日前に決定したそうな)
はい、ストーリーはベタでしたが、確かにRossくん演じる、
アレックスは、笑顔がとってもチャーミングでした♪

***
以下、Rossくん登場シーンを
画像で紹介しています。
ネタバレがあります。
ご注意くださいませ
***

以下、Rossくん演じるアレックスくんのシーンをサラっと。


アレックスのシーンは、スケート映画なのに、得意のサーフィンシーンから。
Rossくんは、カリフォルニアのお坊ちゃまですからね♪


役柄で、三つタトゥーを入れていますが、シールでしょう。
「ビヨンド~」では、タトゥーひとつないきれいな体ですから♪
そういえば、「ビヨンド~」では、左腕の傷は傷跡になっていたけど、
この作品では、赤みが残ってた。
結構最近の傷だったのかな


アレックスの気をひこうとして海に入ったジャッキーが
ブラを波にさらわれて・・・という、これまたベタな出会い(笑)


そのままデートと相成るわけですが、
アレックスは、突然インラインスケートを滑り出す。
これが、なかなかお上手!!


大技はもちろんダブルだけど、
こういう台みたいなところもちゃんと自力で滑ってた!
と思ったら後で、インタビューで「インラインスケートで育った」って
言ってました。
ちなみに、アレックスは、インラインスケートの有名選手。という役柄。


ボードを持ってたつ姿は、「ビヨンド~」のベイリーとかわらない
(あっちは、ほとんど服着てなかったか!)


このあたりは、ジャッキーは有名なスケート選手で、
アレックスは、ホテルの駐車係。という
身分違いなギクシャクあたり~
笑顔が多いRossくんのシリアス顔


インラインスケートのほうのスポンサーが逃げちゃって、がっくりアレックス。
そこでジャッキーが、ペアの相手さがしをしている、
というニュースをみて・・・・・
ここらから、おぃおぃ。な展開になるわけです。
アイススケートをやったことがないアレックスが、
7歳の女の子の手ほどきをうけます(笑)


最初はあきれて教えてた女の子軍団でしたが
あっと言う間に、お花と喝采を受けるまでに
笑顔でこたえるアレックスくん、かわいかったわ♪


で、ほぼ初心者のアレックスとジャッキーがペアをくんで
金メダルを目指す・・・・って、そりゃ無理矢理すぎるだろう( ̄▽ ̄メ)


で、こんなサービスシーンもありました(笑)
インタビューで、初シャワーシーンなんだよ!
とパタパタ手で顔をあおいで照れるRossくんがかわいかった(笑)


さらに、この後ろの女性がまたひっかきまわしてくれるんだよな(-_-;)
ベタさ倍増。


ペアとして、なかなかいいところまでいくんですが、
ペアは腰掛、的なジャッキーのインタビューを聞いて、
海に戻っちゃうアレックス。
と迎えにきたジャッキー

数々の苦難を乗り越えて、
彼らは栄光をつかむことができるのか!?

な、お話でした~

では、あぶれたお写真をもうちょっとだけ。


ブルーの瞳がきれい♪


そういえば、スケートの大会のシーンを紹介していなかったので一枚。
・・・・・ぴらぴら微妙(笑)

サーフィンしてたり、インラインスケートしてたり、
子供にスケートの手ほどきを受けたり、
息のあわない二人をあわせるために必死になったり、
そういう過程は、とーーってもおもしろかった♪
前半は、にこにこ笑顔になってみちゃいました♪
はたからみたら、かなり怪しいくらい(^^ゞ
後半は、一転シリアス顔が多かったです。

ベイリー以外の初Rossくん、がんばってました!
これからも、いくつか紹介していきたいと思っていますので
おつきあいよろしくお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ヘアスプレー

HAIRSPRAY
監督:アダム・シャンクマン
出演:ニッキー・ブロンスキー、ジョン・トラヴォルタ、クリストファー・ウォーケン、ミシェル・ファイファー

HAPPYな映画!
これ以上言う必要ないって感じ(笑)

もう、クリストファー・ウォーケンやミシェル・ファイファーの歌い踊る姿を見られただけで感激っす。
ミシェルは「恋のゆくえ」でセクシーな歌声を披露して話題になったけれど、わたしにとっては、歌声を初めて聴いた「グリース2」。たくさん名作に出て、またこうしたHAPPYなミュージカル映画で悪役で(笑)歌声聴かせてもらえて、大感激~♪

違った意味で笑えたのは、ジョン・トラボルタのママ役。
ジョン・トラボルタだと思うだけで、笑えてしまうのは、果たしていいのかどうかわかりませんが(笑)
「グリース」とかで、男性にしては高めの中性的お声だな~なんて聴いていましたが、まさかこういう活かし方をするとは(笑)
パパと歌い踊るシーンが、生々しくならないのは、トラボルタで正解!って感じ(笑)

サイクロプス・・・じゃなくて、ジェームズ・マースデンの、はりついたような笑顔サイコー!
白い歯に、きらーん☆と星マークをつけたくなりました♪
物語じゃシビアな問題が根底にあり、そう簡単にいかない現実もありますが、信じる心は持ち続けたい。

出てる人の歌声も文句なし!
思わず体がリズムとっちゃう映画♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

スピードレーサー(吹替)

甥っ子のリクエストで、吹き替え版でもみてしまいました。
DVD待ちとか言ってたのに、結局字幕と吹き替え制覇!

※こちらは映画の感想ではなく、吹き替えた声優さんの紹介となっております。

字幕版「スピード・レーサー」鑑賞時の感想はこちら

吹き替えは、字幕よりもわかりやすくてよかったです。
ちょっとわかりずらかった部分も、はっきりわかりました~
(もっとも、わからなくても害はない作品ですが(^^;)

そして肝心の吹き替えですが、主役コンビが声優外コンビだったのもあり、どこか違和感。後半に向けてだんだん違和感がとれていきましたが、自分としては、そこがかなーり残念でした。。。

でもその分、まわりはがっちりとどっしりとベテランさんでかためてたようですね~
レーサーX(マシュー・フォックス)は誰かな~と思ったら、90210のディランでした(笑)小杉十郎太さん!
やっぱり渋かっこいいですね~♪

パパは内海賢二さん、ママは藤田淑子さん。まったく文句なし!スプライトルの田中真弓さんもね。むしろ吹き替え版のほうが好きかも~♪

さて、気になるのは、ヤン・・・じゃなくてスネーク・オイラー(クリスチャン・オリバー)役。檀臣幸さんという方でした。どうやらXメンのサイクロプスの声などふきかえてる方のよう。ラテン男で、コテコテの声だったらどうしようと思っていたので、男前声をキープしていてほっと一安心(笑)

ほかに、悪役キャラでジャイアンもいたようです(笑)

伝説のレーサー役に、オリジナルアニメの声優さん、森功至さんも登場。

そうそう、忘れちゃならないローヤルトンの社長さんは玄田哲章さん。
どうしてこれだけのベテランさんをそろえて、主役は・・・・とちと残念ですけどね。。。

何だかんだと、二度目も楽しめてしまいました~
時間が長いので心配でしたが、レースシーンではじまり、レースシーンで終わったので、チビたちも楽しめたようです。
どこが面白かった?と問うと、やっぱり車をぶつけあうありえないレースシーンをあげてましたからね(笑)
かなり縮小上映になってしまったようですが、まだお近くの映画館で上映していたら、是非ご覧くださいませ~

ブログランキング・にほんブログ村へ

フォーチュン・クッキー

Freaky Friday
監督:マーク・S・ウォーターズ
出演:ジェイミー・リー・カーティス、リンジー・ローハン

◆TBできませんので、リンクで♪
MIXJUICE-フォーチュン・クッキー感想はこちら

ママのテスは、ライアンと再婚を控えていたが、
ロックなティーンの女の子アンナとは再婚のことも含めて、衝突ばかり。
中華料理店でケンカをはじめた二人をみかねて、中華料理店の店主(?)がフォーチュンクッキーを持ってくる。それを食べた二人は、なんと入れ替わってしまった!!

楽しいお話でした♪
そして、ほっこり(*^^*)

前半は、入れ替わりの楽しさをみせてくれるのは、「おれがあいつであいつがおれで」(映画「転校生」)と似たような感じ。ただあちらは同世代の男女の入れ替わり。
こちらは同性の親子の入れ替わり。お互いを知ることによって、二人の関係がかわっていくのです・・・・

この作品を観た理由はなんと言ってもNCISギブスことマーク・ハーモンさん!
彼の役柄がまたいいんだな!!
テスと結婚をひかえているライアン役。
登場から茶目っけたっぷりでかわいいの~(*^^*)
キスを迫ったりするらぶらぶモードなライアンに、きゃ~~~(* ̄▽ ̄*)
そしてまた、すっごく素敵な役なんだな~(*^^*)
テスが変になっちゃっても、あたたかく見守っています。
そしてテスに(アンナだけど)アンナに関して本心を話すシーンとか泣けてしまいました(><)

リンジー・ローハンは、現実が残念になるほど、映画ではなかなかチャーミングなのよね~

NCISファンにオススメ♪NCISファンでなくても、ほっこり楽しく気楽に観られる作品でした(^-^)

ブログランキング・にほんブログ村へ