BROTHERS&SISTERS」カテゴリーアーカイブ

Brothers&Sisters1-16「もう一人のウォーカー」

*ネタバレあり

サラ大暴走。

何なんだ、サラ(- -;)

嘘を告白することの是非、そして話すタイミングってとても難しいのはわかるけど・・・・
でも、話す人ってのは、ある程度決まっているわけで、サラがレベッカにってのは、そりゃないだろう~

きょうだいでツーカーなのは、世代渡ってることがわかりました。 あの姉弟、ノラに話してしまったソールおじさんを攻める資格ないと思う(笑)

そうそう、兄弟たちの相手はみんないい人だよね~。
サム(もうサムでいいよね?(笑))かっこいい!キティにはもったいな・・・もごもご
そしてジョー、いいなぁ~(*^^*)
「話したい?」
断られて
「乗り越えられるよ」
話しはじめたので話をききサラの「私にはあなたもいない・・・でしょ?」
「ここにいる」
ここのジョーにきゅきゅきゅきゅーーーんときちゃいました
それなのに、ああそれなのに。。サラの暴走は・・・

ケヴィンもチャドの制止を聞かずに、余計なことを(^^;
いつか、チャドはカミングアウトするんでしょうか
ずっと日陰の身は、確かにつらいよね。。。。

ということで、今日はジャスティンで癒されよう。
タイラーとの約束を守らずに、何するの!?とすっごくドキドキしちゃったけど、ミーティングのスポンサーさんだったのね。(必要以上にコワモテなんだもん(笑))
そして、またこのコワモテさんがいい方でした。いい人に囲まれて、ジャスティンは幸せだなぁ。がんばれ♪
タイラーもいい子だよね。
みんな、突然の父の不貞やらホリーの存在やら妹の存在に、自分が悲劇のヒロイン!になってしまっているけれど、ジャスティンだけは、スポンサーさんのおかげで違った結論に達しました。
相手側の立場にたって考えること。
ジャスティンとレベッカの後姿に、両家に未来を感じ。
橋渡しになれますように

Brothers&Sisters1-14.15

ひとつひとつゆっくり書いてたら三週間分たまってしまう!

ということで、2話まとめて簡単に(^^;
対照的なエピソードでした。

*ネタバレあり

14話「バレンタインは大騒ぎ」

ドタバタドタバタ、ウォーカー家らしいエピソードでした(笑)

キティとマキャリスターは、やっぱり。って感じだけど、はやっ!!

ケヴィンは・・・きゃ~スコッティ♪と思ったら、やっぱりね(^^;
でも、久々にスコッティに会えて嬉しかった(*^^*)
これはアメリカで、ファンの声が届いた結果?(笑)
そしてその結果ケヴィンとチャドとの仲が壊れてしまいました。

ジャスティンとタイラーのくだりが、一番素敵だったかな~
つれまわされたサラの子供たちは気の毒だけど、ナイスなフォローとナイスな突っ込みを入れてくれ、更になごませてくれました(笑)

ノラには・・・・無言。いや、呆気(^^;
ロイス・レーン・・・・じゃなくてマーゴット・キダー!
最近おみかけしないと思ってましたが、しっかり現役だったんですねぇ
おさわがせな役でしたが(笑)

そして、マキャリスターはデミ・ムーアが好き。
にニヤリ。
そりゃそうだ。と過去の映画時代を知っている自分はうなずく(笑)
と思ったら、
「きのうの夜は・・」の放映のCMが!!!
AXN、やりますね(笑)

***

15話「愛という苦悩」

ジョーとサラのセラピーは、ちと重いな~
いつか落ち着くところに落ち着いてくれ。と願いつつスルー。

今日の目玉は、トミーとレベッカとの初対面!
「エバーウッド」のDr.アボット娘エイミー!
出演してるのは知ってたけど、なるほど~こういう役での登場だったのかぁ
母は父を、子は息子を・・・
好みって似るのねぇ(^^;
さて、これがどう展開していくのかな~

そのトミーのBabyちゃんは、双子ちゃんとわかる♪(祝)
父の気持ちをどう受けとめてどう行動していくのか、
そこにレベッカに双子ちゃんに、まだまだ色々ありそうですね~(^^;

ケヴィンは、結局チャドと?
スコッティは、結局ただ二人の気持ちを整理するためだけの登場みたいのね(^^;
まだチャドの言葉を額面どおり受け止めていいかわからないし、こちらのカップルも、まだまだいろいろあるんだろうな~

***

ぼへーーーーーーーーーーーとみていたので、何か勘違いコメントあったらすみません(^^;

Brothers&Sisters1-13「ノラのバースデー」

*ネタバレあり

ドッペルゲンガーだ!!

みごとな母娘でしたね(笑)
ノラの母は、やっぱりノラの母でした。
いつもは、母親の立場でやりたい放題のノラですが、
今日は、娘の立場で、怒ったり困ったり。。。
こんな立場の逆転も楽しいものです!!」

それにしても、ノラママ、ケヴィンがゲイだと知ったときの台詞
「そんなはずないわ!ジャスティンならわかるけど」
・・・・そうなんすか?(笑)

うふふふ。思った以上にケヴィンとチャド、いい感じ♪
俳優で彼女もいるチャドにとって、ケヴィンは日陰の身、
心配もあるけど、チャドが素直でいいヤツなんで安心した!
何よりも、ケヴィンへの愛を感じます(* ̄m ̄*)
あんなはにかんだ笑顔みせられて「君は特別なんだ」
なんて言われたら、ケヴィンも許しちゃうよね~
せっかくの、朝食のお誘いだったのに!!
ケヴィンの嬉しそうな顔がみられたのに!!
あはは~
オチは、気の毒(^^;

(そして絶対チャドにうつってるよな・・・・)

ジャスティンは、すっかりすっきりな顔になって安心安心♪
タイラーに謝りに行って、玉砕したとき、ちょっと心配だったけど、
もう大丈夫ねv
何よりも、玉砕を知ったトミーとケヴィンの迎え方が最高(笑)
乾杯してるし(^^;
でも、だからこそ、ジャスティンもすきっとしていられるのかも
兄弟っていいな~(^^)

ジョーとサラはお気の毒。
ビデオ屋さん、全部使っていいって言われても
本当にそこ使うかな・・・・・(笑)

クローゼットドリンカー、何かいいな~
やりたいけど、うちは押入れだ!(爆)
押入れドリンカー・・・・・・・・・(暗)

サム・・・じゃなくて、マカリスター議員いい感じですね♪
でもこの流れからいくと・・・・・・・・・・・

今日のツボ台詞。
ケヴィン「やた!チキンスープだ!」
↑ツボりました(笑)

Brothers&Sisters1-12「デートサービス」

簡単に。

*ネタバレあり

ケヴィンの新しい恋のお相手登場。
チャド、イケメンだ!

でも、最近みたな・・・この顔・・・
と思ったら「ボビーZ」のポール・ウォーカー似の男(違)
(正解は、チャドが演じるボビーZの替え玉役をポールが演じた)
スコッティはさっぱり忘れちゃったのかな・・・とちょっと悲しいけど、
ケヴィン、楽しそうだし、いいか(^^;
でも、玉砕・・・
いや、キス・・・
いや、でも玉砕・・・
ナンダコノヒト・・・・・・・・・・・・・・

簡単にってか、ここしか書いてない(笑)
う~ん、やっぱりスコッティが恋しいっす(TT)
(あとジャスティン!)

Brothers&Sisters1-11「家族の日」

遅れてるので、突貫視聴。
簡単に。

*ネタバレあり
ジャスティン、リハビリになってるんだろうか(笑)
次から次へと、ウォーカー家の面々がやってきたらね~(^^;
いっぱいいっぱいなんだよ!
怒るのも無理はない。
結局、ジャスティンのリハビリじゃなく、家族のセラピー状態。
がんばれジャスティン!(笑)

でもちゃーんと着地点あり。
ノラのテープは、じん。ときちゃいますね(*^^*)

落ち着くところに落ち着いても、
ホリーvsノラの図は、みていて痛かった(^^;

Brothers&Sisters1-10「ともしび」

*ネタバレあり

あぁ・・ペイジの言葉にはやれてしまいますねぇ。
「お祈りをしてるのに病気がよくならないの」
それがノラの暴走につながってしまいましたが(爆)
暴走につき、家族喧嘩。
ペイジにまで気を遣わせるノラ暴走・・・恐るべし(^^;
そんな中、ソールおじさんナイスフォロー!!
素敵なシーンでした(*^^*)

今日はホリーに嘘をついたサラの背後に、ノラの影をみた(^^;
それにしても、ノラの「あなたを許す」なんて、上段に構えた言葉で、
よくホリーが土地を手放したな。
いや、あの言葉に対抗心を燃やして、株主になったのか?(笑)
もうダメだ!と思ったので(笑)落ち着くところ落ち着いてよかったです
来週更に恐ろしいノラ暴走があるみたいですが(^^;
ま、「早く言わないと忘れる」って
真性なんだか天然なんだかわからん台詞に笑わせていただきましたが(爆)

今まで、ケヴィンとジャスティンは別々に好きでしたが、
(だって、ケヴィンにはスコッティがいたから♪・・・くすん)
いや~兄弟シーン、よかったなぁ!!!
法廷のケヴィン、凛々しいこと、凛々しいこと。
そして、そんな兄弟愛、家族愛を今度こそ実感したジャスティンが、
ケヴィンに「自分の意志でしたことだ。自分でどうにかしようと思う。」
「愛してる。」
うひゃ~~(違)
ケヴィンの返しが最高です。
「お前ゲイか?」
(笑)
そんな兄弟愛が通じて、素敵なクリスマスの贈り物が。
法廷では、負けてしまったけれど、突然現れたサンタさん(違)から
6ヶ月の猶予をいただく。
今度こそ、きちんと立ち直れるかな♪

そして、キティの温情決断により、来週からは
サム(違)も、正式にからんでくるようですね

Brothers&Sisters1-9「過ちと告白(後編)」

*ネタバレあり

今日も、ジャスティンの召集問題引き続き。
そしてプラス、父親の遺産の中で、
謎のネバダ州の土地を観にいこう!ツアー
サラ&トミー&ケヴィンの珍道中も描かれる。
(え?主役の女性二人パートは無視?(爆))

ジャスティンは、胃洗浄をして無事だったけれど、まだまだ不安定。
ノラのヅラ付(違)9.11時期のFBをまじえて、
続きが描かれていく。
実はジャスティンは、当時、入隊することを考えなおそうとしていた!
でも、ノラママが、ジャスティンの意志を無視した行動をしてしまい、
引くに引けない状態で戦地へと向かってしまった。
それを認めたくなくて、キティのせいにしていたノラ。
キティも、そんなノラに対して、私の発言が後押しした、と後悔。
「私のせい」vs「私のせい」
そんな二人の告白を、ジャスティンが聞いていた。
入隊したのは、自分の意志だ!と。
そして今回も、召集に応じる。と。

ジャスティンの気持ちの整理がついたと考えるべきなんだろうけれど、
・・・これって過去と同じシチュエーションでは?
二人が自分のせいと言い合っていたから、ジャスティンも引くに引けない状況に追い込まれての発言だとしたら、また繰り返しだよね。
この問題、まだ先がありそうなのでおとなしく結果を待ちますか。

それにしても、ノラってさすがノラだ(^^;
母親として心配する気持ちはもちろんわかるけれど、意志、無視かい。ジャスティンが「自分の意志」と言っても、私はノラのせいだ~!と思っちゃいましたよ(^^;
ちとジャスティンには過保護だよな~

がっくりなのは、スコッティ不在なこと(涙)
でも、「軍は男世界だからね。」といわれて
思わず素直に「そりゃいいね」って返してしまって
「地獄だ」とつけたすケヴィンはかわいかった(笑)
そして、お泊り先もみつけたようだけど・・・
いやんいやん。スコッティがいいの(TT)
まさか、前回の電話が別れの電話だったのかなぁ・・・・(不安)

三姉弟のロードムービーシーンもよかったな。
ケヴィンは、エンジンを水びたしに(笑)
でも、そのおかげで、銀行によって良いことがわかりましたv
一気に金銭問題解決へ!
しかし、ノラへの手紙に「これを見つけたなら」って書いてたけど、
一生みつからなかった可能性もあったよね。
パパ、それならもうちょっとわかるところに書いておこうよ~(^^;

上院議員ロブ・ロウ(役名忘れた・・・)登場!
残念ながらTWWはみていなかったけれど、キティのお相手としては、一番期待しちゃいます。文句なくオトコマエだし(爆)(「アウトサイダー」のソーダポップ好き♪)
トミーも子供ができたと告白。
さすがThanks Giving、はっぴーなエンディングをみせてくれた。
必ずほっとしたところに落ち着かせてくれるB&S、好きだな~

もちろん、まだ問題は残ってるけど。

アメリカドラマだから、ジャスティン問題は、クリスマスで解決させるのかな?
↑イヤな見方?(笑)

Brothers&Sisters1-8「過ちと告白(前編)」

*ネタバレあり

うひゃ~ジャスティンが~(><)
もうそれに尽きるエピソードでございました。
強制召集に再度壊れゆくジャスティン・・・
クスリを使い、タイラーを追い返し、クスリを使い、
メキシコ行きの手配をし、クスリを使い・・・・
そして、珍しく1話で結論でないし(TT)

そんなジャスティンの夢でフラッシュバックが入るのは新鮮。
ジャスティンが入隊するきっかけとなった9・11の日までさかのぼる。
ツインタワーから6ブロック先にいたキティの無事を祈り
再会し、話を聞くジャスティン、
そして、最後は、みんなに「入隊した」と告白。

この続きのFBは後編でみられるのだろうか
ジャスティンはどうなるのだろうか(TT)
つらそうだけど、再生を信じて!

今日つらかったのにはもうひとつ。
ケヴィンがスコッティと仲直りできなかったこと(TT)
ケヴィンが「君は最高だ」
と留守電残したときの、スコッティの表情、
何とかなりそうだったのに・・・
K「もう許すと言ってくれ。」
S「それは無理。
でもこれは言わせて。ありがと」
えええええ。このまま去ってしまうんじゃないでしょうね~
イヤだイヤだo(≧△≦o)(o≧△≦)o

つづく
↑今日は、もう完全に他のキャラはもう眼中になくなってしまった(^^;

Brothers&Sisters1-7「思い出の場所」

*ネタバレあり

相変わらずこの家族は、考えることが同じ。
ノラが集まりましょう!って言った時点で、
勝手に集まるな。と(笑)
しかし、みんなして下心付なのが笑える(笑)

今日の中心でもあったトミー家の問題は、
ちとデリケートな問題だよねぇ。
それにしても、思った以上にジュリアが大人だ。
自分がいないところで、勝手にトミーがケヴィンに相談し、
それが他のきょうだいに話題が至り
後に知っただけでも、かなりのショック。
自分だったら絶対イヤだ。
しかも「失敗するのをどれだけみてきたとおもう」だなんて
ケヴィン、心ないことではないかな・・・。
でもまぁ、ケヴィンは相談された当事者。
サラとかキティとかが反対意見言うのは
たとえきょうだいでも、何か違う気がする。。。
私が嫁なら絶対我慢ならん!(笑)
でも、ケヴィンが「家族の話だ」と言ったとき、
ジュリアは皆と一緒に話し合いの場から席を立ってしまった。
それは、家族に任せるという意志表示なんだろうな。
この家の嫁の立場をよく理解しているということか(笑)
何にしても、落ち着くところに落ち着いたようで、またラストにほっこりマーク♪

でも、そのくだりで、ジャスティンのつらい過去が垣間見える。
戦場で見殺しにしてしまった命を償いたい。
その方法については、どっちとも言えないけれど、
自分再生へまっすぐ向かっているその気持ちが嬉しい。
(でも、ハッパやろうとするなんて危うさがまだあるのよねぇ
次週、大丈夫かな・・・・・)

さーて、きょうだいの問題に口出しするな、と
スコッティ帰っちゃったよ~
ケヴィン、また仲直りしないとね!
(しれくれないと、こっちがつまんない(笑))

このきょうだいの恋人(家族)になると、
もれなくきょうだい&母付って・・・・それが一番の恋の障害な気がする
今日この頃。

そして、とーちゃんには更なる秘密が。
ホリーとの間に子供が?
とーちゃん・・・・・・( ̄▽ ̄メ)

あ、そだ。ブラウン先生再登場!
・・・・やるねぇ(* ̄m ̄*)
だんだん吹替えにも慣れてまいりました

Brothers&Sisters1-6「母のファンタジー」

*ネタバレあり

胃痛の中みたので気が入らなかった。
簡単に

・(私の(笑))ジャスティン
同級生が上司のホテル(だっけ?)で真面目にお仕事。
今のところクスリにも手を出していないよう
その同級生をパーティーにお誘いモード。
いつになく安定したジャスティンでした。

・(応援中)ケヴィン&スコッティ
ケヴィンはパーティーの同伴者としてスコッティを誘うが
スコッティは、パーティーのウェイターとして雇われていた。
お金を払うから同伴してくれ、と言って、
スコッティを怒らせてしまうケヴィン
・・・・・器用そうにみえて、不器用なんだねぇ(笑)
ダンスをしながら、女性一人一人に質問し、
どんどん落ち込んでいくケヴィンがかわいすぎ!
素直に謝って、無事ちゅ。良かったね♪
ついでにそれを目撃しクビを言い渡したスコッティの上司にも、
さすが弁護士!の話術でうまくとりなし。
二人のダンスシーンは、とてもほほえましい(*^^*)

今日は、トミーとジュリアの子作り問題にもスポットがあたる。
二人とも子供をほしいと思っているが、
トミーのほうに問題があり、子供ができない。
それを聞いたジュリアは・・・とても素敵でしたね♪
いきなりクロークで・・・・なのは困ったもんですが(笑)

・ゲスト
ノラの友達マーガレットは「ファミリー・タイズ」のママではないですか♪
ちょっとつんけんした終わりになってしまったけれど、
変わらぬ姿が嬉しい♪