HEROES1」カテゴリーアーカイブ

HEROES1-16「犠牲」

*ネタバレあり

能力者がぞろぞろ・・・。
が、ぞろぞろ出てきても、
サイラーが一人づつお料理してくれるので、
総計はそうはかわらないのか?( ̄▽ ̄メ)

タイトルからして、イヤな予感はしましたが
(つーか、予告でもろバレか(笑))
割と主要キャラが、撃たれちゃいました。
一人の女性を愛する二人の男性、
アイザックvsピーターの対決で、
犠牲になったのはシモーヌ。
苦手な展開だわ・・・・

しかし、そのピーターと透明人間の
スパルタ教育シーンは・・・大爆笑(爆)
ベストキッドか・・・
ピーターは、咄嗟にサイラーの力を使ったけど、
サイラーが新しく吸収した力は使えるのかしら?
そして、ピーターが今度は飛んでくれました(笑)
おにーちゃんの方が迫力あったけど、
これはこれで・・・・大爆笑(爆)

マットが持って帰ってきたのは、ダイアモンドだったんだ。
それを、奥さんにプレゼントするった~
奥さん、おっしゃるとおり!!!
盗品をプレゼントしてはいけません( ̄▽ ̄メ)

ヒロとアンドウくんのくだりは、なんだったんだ・・・。
二人が離れ離れになるための、展開だったの?
何だかな~
二人はセットでなくてはいけません!
でも、ピーターの夢には二人そろってたよね?
また、二人は一緒になる運命だと信じてます♪
で、ヒロを狙った弾、逆戻りしてたよね?
これは、時間を逆回転もできちゃうってこと?
何が起きてもヒロがいれば大丈夫じゃん!(笑)

クレアママが倒れたことで、
クレア、ミスターベネットに、気持ちをぶつけちゃう。
ミスターベネットの表情からは・・・何も読み取れない(笑)
クレアへの愛情、守りたいという気持ちは、ちと歪んでるけど本物にみえるんだよな~
さて、どういう展開になるんでしょ。
マットとテッドともう一人、
勝手に盛り上がってましたね~
↑投げやり?

だって今日もネイサンが飛んでくれないんだもん。

HEROES1-15「暗殺者」

*ネタバレあり

今日も、何かイマイチだな~と観ていたら、
最後の最後で、ひょえーーーー!(笑)
またも、最後で萌えあがらせていただきました(爆)

今日は、クレアママが二人描かれる。
産みのママは、ネイサンにお金をせびってメキシコに高飛びしようという、とんでもないオンナだった。
そして、育てのママは、精神崩壊。
ますます、クレアの居場所が・・・・
残るは、ネイサンに頼るしかないぞ!!!(希望)
写真もみたしね♪

マットは、ボディーガードに転身。
最初のボディーガード対象が、ジェシカの暗殺ターゲットだったとは、お気の毒・・・。
結果は、明らか。
でも、窓から捨てられて、軽症ですんだとは、ラッキーでしたね。
またも、ぼんやりみてたので、わからないところあり(^^;
最後に天井からとってたのって何だったんでしょう?

相変わらず場違いジャンパーを着ているヒロ、
再度、アンドウくんと不協和音。
泣いてる女の子のため、使命感を感じたアンドウくんは、
ヒロがのりうつったよう(笑)
でも、騙されやすい( ̄▽ ̄メ)
二人は一緒じゃないと、ツマンナイヨー。
ホテルのかっこは似合ってたね(笑)

サイラーは着々と新能力を蓄えながらモッヒーにお近づき。
他の●十人の能力者に会うお手伝いをするとな。
危険なり~

で。ラスト。
次なるジェシカのターゲットの写真は・・・・
ネイサン!!!!
飛んで逃げれば安心ね♪
↑少しは心配しろって。。。
あ、そうだ。ニキ&ジェシカに惚れた過去があったな・・・
ネイサン、油断するか。まずいっ!!

ネイサンオチに、しっかり落とされる私でした(^^;

HEROES1-14「邪魔をするもの」

*ネタバレあり

今日は、何かイマイチだな~と観ていたら、
最後の最後で、ひょえーーーー!(笑)

透明人間によるピーターの泥棒教室か?(笑)
バッグかかえたピーターに爆笑するも、
お目当てのヒロパートが、
ただのお家のごたごたで、ちょっとがっくり。
父=ワッフルなんか食べおって(怒)
ヒロ=ワッフルはおいしいですよ。気に入ると思います。
なんて飄々としたヒロはかわいかったけどね(笑)
最後のすっとぼけたアンドウくんもいいですね~♪

ミスターベネットは、めがねがないと
ミスターベネットにみえないことがわかった。
↑そんな感想か。

ぼーーっとみてたので、
なんでニキが解放されたのかよくわからなかった。

クレア、ママと再会できてよかったね~
自分の力も紹介しあえてよかった。
ただ、母親は父のことだけは、
すぐには話してくれなかった。
まさか、そんなオチがあったとはこのときはちっとも思ってなかった( ̄▽ ̄メ)

劣等生のピーターを透明人間突き落とした(笑)
思いっきり、ビルから車に落ちたピーター
あれ。。。。
クレアの力を使えた?
頭をカラにすると力が使えるらしい
強引な指導法だったけど、ピーターには
コントロールのきっかけになったみたい。

へ~
今まで近くによった人の全部の力、コントロールできれば
全部の力、使えるんだ
ピーターすごい
でも全部つかえるっていろいろと大変そうだな(^^;

で。
で。だ。

クレア、おとーちゃん・・・ネイサンかよ!!!!!!
ネイサン、やるなぁ(違)

ネイサンいないな~とくさっていたところで、
思いっきり驚かせていただきました(^^;
来週こそ、いっぱい出てくるかな。

HEROES1-13.吹替vs字幕ちょびっと。

今回比較はないわね。と思っていたら、
あっはっは
ヒロとアンドウくんにファーストクラスのチケットを渡す人
日本語話してたんだね~
吹替えじゃ、全然気付かなかった!
英語話したと思ったら、急に日本語に。
それでヒロはあんなに驚いていたのね!!
怖い顔してめっちゃカタコトでがんばっているのが好感持てます(笑)
いや~カタコト日本語さん仲間が増えて嬉しいぞ~(笑)
しかし、何といってもジョージ・タケイさんですよね。
ヒロやアンドウくんとのシーンは、絶対日本語シーンになりますよね。
タノシミダナァ

HEROES裏ビデオ

Super!drama TV Drama Loungeで知ったネタ。
ネイサン役のエイドリアン・バスダーが、自分で撮影した映像を、
YouTubeに投稿しているとか(笑)
早速観に行った。

出てる人たちはめっちゃTVの中の人たちなのに、ノリが素人で(爆)すっごく笑えます(笑)
その中で、結構好きなのがこちら↑。
グレッグさん、ノリノリ!!音楽もノリノリで、スピード感あって、好きだなぁ~


笑い上戸?(笑)

もう、全部ここで紹介できないのが残念~
マシ・オカさん、タイムズスクエアでYATTA!の再現してたら、
普通に写真撮ってください。ってカメラ渡されてるし(笑)

ネイサンのページ↓
YouTube-buckshotwon

HEROES1-13「新たなる力」

*ネタバレあり

本日、失速中。
ちびっとまとめで。

ピーターと同じ能力を持つ人が他にいる?
ピーターなーに言ってるんだ~と思っていたけど、
透明人間は、本当に能力のコントロール指導者?
マイカはATMから自由にお金が引き出せる。(いいなぁ(笑))
クレアの本当の母であると考えられているメレディスは火使い?
WATのダニーの兄が更正して警察官に(大違)
ヒロの前にスールー・・・じゃなくて実のとーちゃんが!
サイラー復活。ミスターベネットとクレアピンチ?

マットと嫁の二人が、らぶらぶでよろしい。
頭で考えてることあてっこしたりしてるし(笑)
できた嫁だなぁ
喜びの夫婦にほっこり。
んが、おなかの子は、親友の子なんて泥沼にはならないでしょうね~

ピーターを追ってきた、モッヒー&ネイサン。
ピーターが逃げた後、窓があいてたので、もしかしたらピーター飛んだ?
ネイサンそのまま飛んで追ってくれ!
と思ってしまった。
透明になるって、いい手だけど・・・・
ネイサンの飛翔は一体いつみられるの~
↑これがないと、感想ものらない。。。

ヒロ&アンドウくん、美しき友情シーンくらいで
今日はあまり珍道中じゃなくてつまんない~
でも、今回は登場だけのヒロパパ。
三人で日本語を話しだしたら・・・・・(* ̄m ̄*)
この次の回は、字幕vs吹替、みがいがありそうだな~(笑)

HEROES1-12.ネイサンの英語教室

今回はちょっとだからいいや、と思ったけど、
せっかくなので、比較覚書~
(記憶たぐりよせなので、ちょっと違うところがあるでしょう)

今回比較したのは、ネイサンの英語教室。
アイザックのお部屋をたずねたヒロが、
ネイサンをみて「飛ぶ人だ~!(Flyingman!)」と喜んだ
後のくだり。

説明をするために、英語で話すヒロに、

字幕
N「英語が上達したな」
と感心。それが

吹替では、
N「何か、感じがかわったな・・・」

英語日本語ネタは濁しました~

そして、その後、爆発男が誰?とネイサンがヒロに質問するシーン。
わからないけど、悪党だよ。というヒロ
吹替
N「何と言った?」
H「悪党」
N「違う、”悪党”」
H「極道?」
N「”悪党”!」
H「あくとう?」
N「あぁ・く・とう」
H「あぁ・く・とう?」
最初は、極道と言ってしまって、悪党となおされるけど、
その悪党の発音が違っていて、なおされる、と
そんな感じだったと思います。

字幕版・・というかオリジナル音声では、villain(多分)と言う単語を
「ビラン」と発音したヒロにひたすら教えるシーンでした。
(すみません、字幕はメモとらなかったので、音声の記憶で)
N「何といった?」
H「biran」
N「違うVillain」
H「birahn?」
N「Vi(唇を変にして発音がわかるよう)」
H「Vi?」
N「Lain」
H「Lain」
N「Villain」
H「Villain!」
ってな感じで、丁寧に英語教室を繰り広げてくれてました♪
ネイサンの優しさと細かさ(笑)そしてしつこさ(爆)がわかる
名シーンは、オリジナル音声のほうがよくわかりますね~

またネイサンの英語教室開催してほしいな(^^)

HEROES1-12「神の贈り物」

*** 以下ネタバレあり~

前回の吹替え版、だいぶぼーーーっと観ていたようで、

字幕版で、自分のアホさ加減がよっくわかりました(^^;
前回の覚書は、忘れてください(爆)

さて、気を取り直して。
今日は二週間後。
あのままピーターは昏睡してしまったのですね。

ブショーヒゲで二週間心配してそばにいたらしいネイサン、
今まで避けてきたけれど、ピーターを救いたいがため、
やっと動き出すことに!
ピーターの昏睡には、ちゃーんと意味があったんだね~(* ̄m ̄*)
いやぁ、「大事な弟なんだ。」とか
ほっぺすりして「死ぬなよ」とか
いいなぁいいなぁ(* ̄▽ ̄*)
そして向かったアイザック家で、アイザックだけじゃなくて、
ヒロにまで再会。
ヒロ「飛ぶ人だー!(YATTAスタイルで)」には爆笑(笑)

その後の
ヒロ「飛べるでしょ?ぴゅーーーー!」
ネイサン「声が大きい」
ヒロ「ぴゅー(小)」
爆笑(笑)

そして、その後の「極道」→「悪党」ネイサン英語教室など、
字幕版が楽しみなシーンも♪
ヒロは、悪のことを何と言ってたのかな~

と飛ばないまでも、ネイサンでかなり楽しませていただいた♪
他(他扱いか(爆))

ハイチくんは、クレアの記憶だけは消さなかったのは
同じ「神の贈り物」をもつ超能力者だからかしら
ハイチくん、ミスターベネットに逆らえない弱みを握られてるのかなぁ
ハイチくんに、記憶は戻す能力はないらしく、クレアは、
一番信じられるザックに、また1からクレア能力教室。

ミスターベネットにしてやられたマットは、
妻にマットの能力教室。

ヒロは、刀(剣)をゲットしに自然史博物館へ。
(ケンセー・タケゾーって怪しい名前だな(^^;)
恐竜と闘ってたわけじゃなかったんだ(笑)
んが、せっかく手に入れた刀はレプリカ。
刀の持ち主はリンダーマンらしい。

収監されたニキ。
どうみてもジェシカがプリズン・ブレイクしそうだよね

それにしても、すっきりアイザックはいい男だ(* ̄▽ ̄*)

再度ピーターは夢の中で爆発。
爆発はしないだろう、もしくはしても大丈夫だろう、という前提で、
ネイサンの「オレが助けてやる。オレがついてる」
って言葉ばかり頭でリピートしてしまった。
ネイサン言葉通り活躍してくれるかしら~♪

さて、新キャラ、透明人間登場ですね!

HEROES1-11「交錯する能力」

*** 以下ネタバレあり~

チアリーダーを救え。

の問題が解決したので、
新たな議題へと向かうHEROES。
その導入部分ということで、今日のワクワク度は低め。
お次の目標は、
爆発を止めよ!
んが、その爆発。。。いや爆発男の存在があきらかに

しょっぱなからピーターのもとへやってきて

抱きしめるネイサンにきゅーん。
ん?これって夢だったの?

ピーターとマットの対面など
新たな出会いもあったところで
やっとすっきりしたアイザックさんはヒロと対面。
薬がないと、すごくすっきりいい男だったんだね!
しかし、白目で怖い~とこっちは思ってるのに
ヒロは、「すげ~」って(笑)
相変わらず、前向きに素直でよろしい(笑)
(相変わらずスポックさんの挨拶だし)
しかし書いたのは・・・
恐竜と対決するヒロ(笑)
ヒロ「ボク、歴史をかえたらどうしよう」に
アンドウくんの「お前死ぬよ!」
字幕バージョンが目に浮かぶ・・・(笑)
ヒロの次なるお目当ては、刀なんですね。
何か、暴走の予感が怖い・・・・

クレアのまわりの人たちは
ハイチくんに記憶を消されてしまった。
本人や母親がずっと気付かないのは変だろ、と思ってたけど
なるほど、今までそうやって記憶を消してきたんだ~
クレアの記憶が消えたら、またやりなおしか。。。

ニキは警察に自首。
(でも、ジェシカがいる限りそりゃ無駄だろう・・・)

サイラー、イーデンから能力吸収して脱出か?
↑ここよくわからなかった。イーデンは自殺?

爆発男の正体。
それは、ピーター?
でも、顔に傷があるピーターが存在するはずなので、
ここで爆発して死ぬわけないよな。
ピーターのみた夢は一体・・・
少なくともNYにみんなが集合するのは間違いないようですね
それよりも、ネイサンがピーターだっこしてるの図に
ほれぼれしていた私をお許しください(爆)
早く飛んで。
↑願いはひとつ

HEROES1-10.チャーリーの日本語教室

8話に引き続き、吹き替えと字幕の比較を
覚書としてちびっと残しておきます~。

チャーリーを救うために6ヶ月前に飛んだヒロ。
ヒロは、チャーリーに日本語の本をプレゼント

吹替:
日本の慣用表現

字幕:
日本語のテキスト

あれだけ長くて難しいことわざを連発しておいて
「慣用表現」はないだろう~(^^;
一方字幕は、普通のテキストということで、
まぁ、「このライトはかっこいい」とかでもしゃーないか、と納得。

チャーリー「あなたは、優しくて、寛大な人ですね。」

吹替:
ヒロ「そんな・・・君の方こそ」

字幕:
ヒロ「覚えるの早いね・・・・」

吹替は、ナチュラルな会話の中での言葉なので、
ヒロもごく普通に照れて回答しちゃっています。
一方字幕は、本をもらった途端にカタコト日本語で話しだす
チャーリーに、びっくりするヒロ。
チャーリーとヒロの能力の話に持っていくのに、
吹替え版は多少の無理がありますよね(^^;
つーか、状況までかえてしまう吹替え・・・恐るべし( ̄▽ ̄メ)

スワローズがどこだかのチーム(おぃ)を倒したという新聞記事。
記事に読んでいるチャーリーにヒロが一言

字幕:
「日本語の新聞読めるんだ・・・」

吹替:
「これで信じてくれる?」

またしても内容を完全にすりかえてしまった・・・

そして最後に、なんとかチャーリーを日本に誘い出したいヒロ、
航空券をプレゼント。その回答

吹替:
チャーリー「いいわ」

字幕:
チャーリー「はい」

字幕の日本語でこたえようとしたチャーリーの健気な「ハイ。」が
吹替えでは、軽く感じてしまったのが残念!!!

同じく、その後の
「ヒロ、愛してる」
も、字幕と吹替まったく同じ言葉ながら、
字幕の必死なカタコト日本語の「アイシテル」に
より一層涙涙(TT)

吹替えの場合、本当の日本語と、吹替えの日本語を
わけることができないので、仕方ないとはいえ、
こんなにも違ってしまうのか・・・と今回も驚いてしまいました。