LOST2」カテゴリーアーカイブ

LOST2-16話「秘密」

秘密ってまさか・・・
以下、未見の方にはネタバレバレ!です。ご注意を。

今日のフラッシュバック担当は、サン。
突然二人ともセクシー路線で驚いた(笑)
これが、みんなに肌をみせるな~とかやってた二人なんだから、驚きですよね(^^;
英語の先生が、お見合いの相手だということが判明。そして、”子供”に反応していたジンやサンの理由も明らかに。
あぁ、見合い相手をみるたびにTMネットワークを思い出す。。。似てない?>ウツさん
秘密ってまさか・・・・おなかの子は・・・・誰の子?
現実的に考えたらいいか、非現実的に考えていいか、LOSTはこういうときあいまいですね(^^;
いや、サンの笑顔をみたら、島の奇跡でジンの子供が・・・といきたいところですけど~。
とまぁ、これは置いといて、島の方は困ったもんだ。
1エピソード、まるまる腹の探り合い。
ジャックvsロックを置いて、アナはサイードへ。サイードを選ぶとは、アナ、来て間もないけれど、なかなか鋭いですね。(二人になって、謝ろうという気持ちもあったから?)
ヘンリーの書いた地図を持って、気球探しに出かけたのは、プラス、チャーリー。
ここで拳銃が、チャーリーからサイードへ。それは安心な流れ。
チャーリーの秘密に関して、何も会話はなかったけれど、鋭い二人のこと、それだけで全部読めちゃったんだろうな~。
それにしても、ソーヤーは何でも持ってるね。
何でここにあるの?の疑問はケイトが台詞にしてくれたけど、普通それ持って飛行機に乗り込まないわよね~(^^;
ジャックは、出番はちょこまかあるんだけど・・・・・何か印象に残らないシーンばかり(^^;
あ!それで、サービスショットにシャワーシーンを入れたのか(違)
そして、その湯煙でヒゲを剃るロック・・・何か変なシーンだぞ!!(爆)
ハーリー、まだまだ食料隠し持ってそうね。
会ったのが、動揺していたサンで、良かったね(^^;ま、秘密はそのうちバレる~。
秘密の蚊帳の外は、ケイト。すっかりキャラクター堕ちちゃいましたね( ̄▽ ̄メ)
さーて、ヘンリーが言うように、アナやサイードが向かった先は、罠なのか本当なのか・・・
ろすとー。

LOST2-15話「記憶の扉」

謎が増えた(爆)
以下、未見の方にはネタバレバレ!です。ご注意を。

それでも、まったく進まないよりずっといい(笑)
フラッシュバックはクレアが担当。
と言っても、島に来る前ではなく、アザーズに捕らえられたときの記憶。
「知られざる48日」や「詩篇23章」以来の、”新たな”フラッシュバック、
ということでなかなか興味深くみられました♪
臨床心理士だっけ?のリビー、クレアの記憶の扉をノックするのに役立ちましたね(^^)
それでわかったのは、またしてもダーマ印の建物が存在すること。(一体いくつあるんだ~)
イーサンは、医師だった?
そして、アザーズも、いろんな思惑を持った人物がいて、クレアをさらったのはイーサンの独断。さらったことをこころよく思わないだろう”彼”がいる。
クレアのおなかから帝王切開でとりだしてでも、アーロンが欲しかった。
ルソーの子供は、アザーズに洗脳されたりはしていない、クレアを逃がしてくれたとてもよい子。
・・・・謎がとけたというより、謎は増えてるけどね(笑)
ルソーの子が良い子でよかった~。これは今日の救いでした。それをルソーが知ったことも(^^)
それにしても、クレアがさらわれる前にみていたベビーベッド、本当に実在したのね。
夢だと思っていたけど、アザーズがクレアの近くまで持ってきてたってこと?
・・・・その姿を想像するとおかしいんですが(爆)←そっちかい。
そういえば、予言者さんが『一人で育てること』と言っていたのも今頃気になってきた。
まわりがみんな倒れても大丈夫だったのは、ルソーも伝染病のワクチン打たれてたのかしら?
今日は、ソーヤーメガネくん復活。
サイードがせっかく組み合わせて作ってくれたのに、今度はあっさり度がぴったりのがみつかるなんて。サイードの立場は(笑)
さーて、閉じ込められたヘンリーに、エコーが話しかける。
何だかここはよくわからなかった。
エコーもヘンリーがアザーズだと確信してのことだよね。
でも、なんでヒゲを???
実はヒゲがキーポイント?(んなバカな(笑))
ケイトがみつけた変装ヒゲと何か関係ある?
そして、ヘンリーがロックに揺さぶりをかける。
シーズン1だったら、ゆるぎのなさそなロック、”ジャックと二人で決める”ことには、暗黙の了解で納得していたと思いきや、食器バラバラぶちまけて動揺するとは。
島に来る前のだだっこロックに戻っちゃいましたね。
ろすとー。

LOST2-14話「捕らわれた男」

だめだ~もう抜け出せないのか?
以下、未見の方にはネタバレバレ!です。ご注意を。

その理由が何か、と考えたら、
私の場合、島のみんながばらんばらんになっていくのをみているのがつらい、
そんな感じかな。
そりゃ、まぁ、みんな仲良くってのも、これだけ人数いるんだから無理な話なのはわかるけど、みんなが痛い方向へと進んでいくのが・・・ね
今回痛い方向へと向かったのはサイード、もちろんフラッシュバックも彼が担当。
彼が尋問者という才能(?)を見出しちゃった過去。
ソーヤーの時に後悔したのに、また拷問話かいっ!と正直思ったけれど、今回の場合、確実にヘンリーがアザーズだと確信しての行動。理由はなく、彼の尋問者としての直感。。。
その直感が当たっててくれることを祈ろう。(じゃないとサイードの立場なし( ̄▽ ̄メ))
ソーヤーの時の後悔は、根っからの悪人じゃない(多分)ソーヤーを尋問しちゃったからなのよね。きっとその時は、罪悪感があったのでしょうね
同時に、シャノンを亡くした心の傷の深さを思い知るエピソード。
穴の深さまで覚えてるはずだと殴りつける姿は・・・やっぱり痛い(TT)
でも、今回、とても痛かった人がもう一人。ジャック
鍵を開けないと、とロックに迫ったジャックの狂気の表情が・・・・(TT)
で、数字。てっきり間に合わなかったのかと思ったら、
間に合ったのか、あれで(^^;あれはアウトでしょ!
制限は完全にあの時間じゃなくて、ちょっとは遊びの余裕あるってことよね、
それもなんかなぁ( ̄▽ ̄メ)
一方よくわからなかったのが、ソーヤーとハーリーのかえる騒動。
やっぱり食料隠し持ってたんだ!と、食料をわけたときの感動を覚えてる身としては、がっくりしてしまったけど、何か憎めない(^^;
そしてとうとうソーヤーのカエルと遭遇、一瞬逃がすのか?と思いきや、・・・・・うぎゃーーーーー(- -;)←想像したくないので文にもしたくない。
そりゃ、私だってカエル食べたことあるし動物性たんぱく質いっぱいとってるし(笑)殺生はいかん!なんてことは言えいけどさぁ。言わないけど・・・何の目的で、このシーンがあったのでしょう?
それにしても、カエルって一匹なの?
一匹退治して、問題解決したのかな(^^;
そうそう、サイードが最後に自分のことを告白した相手がチャーリー。
チャーリーのことも信じていなくて、わざわざ選んで言いにいった?
ということで、さっぱり進んでないぞ。
ろすとー。

LOST2-13話「詐欺の手口」

なんじゃこりゃーーーーー!(某刑事さん風)
↑前回との違いをお楽しみください(?)
以下、未見の方にはネタバレバレ!です。ご注意を。

忍耐力が試されるシーズンですよ、と聞いていたけれど
今、その言葉の意味を深くかみしめております(笑)
今回のソーヤーには、どう反応していいのか・・・(困)
ということで、フラッシュバック担当は、ソーヤー
タイトル通り、詐欺の手口が紹介されるわけなんですが・・・
ずっと、人がかわったように温和な雰囲気になってきていたソーヤー、
薬を診療所から取り戻してきたはいいが、ジャックが無断で家捜し。
それがきっかけで、詐欺心に火がついたか?
うん、そうこういう時のジャックの極端な行動も、もめごとの元だよね(^^;
勝手に奪われたら勝手に奪い返せ、・・・って子供のケンカかよ!(爆)
ということで、今回は、相変わらず暴走し極端な行動に走るジャックも同時に描かれ、
まったくこやつは・・・
結局、ソーヤーの案で協力者チャーリーで、まんまと銃とマリア像を手に入れたわけだけど・・・、
主導権握って何がしたいの?
みんながみんな、腹のさぐりあいをしていた今エピソードだけでも、あまり気持ちよくみられなかったのに、今後、益々不協和音~な予感。
チャーリーが協力者だってわかったエピソードとか、みたくないわ(- -;)
そんな中・・・
このところ痛い姿をみせていたサイードだけど、
あったかハーリーのおかげで元の姿を取り戻しつつある?
トランシーバーをラジオに改造だなんて、すごいわ♪
ハーリーは、やっぱりLOSTのオアシス(^^)
それにしても、気になるのは、電波元が「どこからかわからない」
に続けてのハーリーの質問「いつからも?」
かなり怪しい島、何でもありの島(笑)最後はどんなオチを持ってくるのか不安になりつつ・・・
ろすとー。

LOST2-12話「天使の言葉」

なんじゃこりゃ。
以下、未見の方にはネタバレバレ!です。ご注意を。

交互に来ていた低周波が、今回も停滞前線。(謎)
今日のフラッシュバック担当はチャーリー。
ヘロイン中毒の兄にふりまわされた時代を、延々と追うだけ。
そりゃ大切な音楽とピアノを売って出てった兄は、酷いな~と思うけど、
だからって、今のチャーリーに同情する気持ちは生まれない。
それこそロックの言うように
「信用するに値しない」
たとえ、実際ヘロインをやっていなくても、嘘でぬりかためた行動では、
クレアやロックだけじゃなく、みている視聴者だって「ほんとにやってないの?」と思ってしまう。
だいたい、幻影だって、今まで皆は、現実にありそうな図をみんなみてきてるのに、
いきなり聖母像じゃね~、あ、天使の言葉だから、天使像?どっちにしたって、そりゃ「幻覚」としか思えないでしょ(^^;
いや~しかし、戻ってきたらほんとソーヤーが普通になっちゃって(笑)
ハーリーのリビーへの恋を応援するソーヤーの図、シーズン1だったらありえないんじゃ?
”マシュマロマンに恋心”って毒づいてるのは、らしいけどね~
「照れるなよ」って、はにかむハーリーより、ソーヤーの笑顔の方がかわいかったよ(爆)
そして、なにげにハーリーとリビーの恋が進展するところがすごい!(笑)
リビー、飛行機でハーリーに足踏まれたって、痛かったろうな( ̄▽ ̄メ)
がんばれ、ハーリー♪
ジャックはアナと急接近。
しげみでごそごそは、軍隊の準備中?
ケイトとソーヤーに嫉妬?(笑)
それにしても、あのオムツのCMは、酷いな(^^;
兄がダメダメで、仕事がなくても、あれは受けちゃダメだよ~、チャーリー( ̄▽ ̄メ)
まいった。
おっと、忘れるところだった
ろすとー。

LOST2-11話「境界線」

再度困。
以下、未見の方にはネタバレバレ!です。ご注意を。

なんで、ジャックのメロドラマをみなくちゃならないのだ・・・。
というフラッシュバック担当はジャック。
別にサラとのその後なんて、興味ないし、まったく意外性のない展開。
何だったの?と言いたい。
それに、フラッシュがあるときのジャックは、まわりもみずに突っ走ってることが多いよね~。
穏やかジャックが好きな私には、これをみるのもきつい。
対して、現在は、少し進展した?(進展と言っていいかどうかはわからないけど(笑))
マイケルが、ウォルトをさがしてジャングルへ飛び出していった!
おそらく、その後も通信を続けて、呼び出された場所へ向かって。
当然、ロック、ジャックが追いかける。
オマケにソーヤーもついてきた。(復活したばかりだと言うのに、タフだね。。。)
そこに待ち構えていたのは、アザーズのヒゲもじゃ男でした。(名前わからんし)
ひるまないジャックとヒゲもじゃくんの対峙は、おぉ!と思ったものの、ケイトが人質に。
これでは、ジャックはNOとはいえませんね(^^;
思いやりのあるソーヤー、足手まといのケイト。
位置関係がシーズン1とかわってきましたね~
シーズン1のケイトの位置には、アナがおさまるのか?
新たな嫌われ者は・・・
とまぁそれは置いといて、アザーズとの境界線が決定。
それにしても、境界線を越えたわけでもない、アナたちの仲間が、ガンガンさらわれたのに、なぜにジャックに対しては、こんなことするんだろう?
当然、マイケルを追ってくるのは、ジャックだと踏んでのことだよね。
ジャックの主張もあながち間違いではない部分もあるのかも?
サンとジンの会話にもん?
「マイケルは親友だ」というジンに「私は妻よ」とサン。
何かサンらしくないような・・・
しかも、最後には、
「オレは指図されたくない」というジンに「私もイヤだった」とサン。
やっとサンとジンが本心を言いあえる、本当の夫婦になれた、ということなんでしょうか。
でも、せっかくまわりと良い関係を気づいてきているジン、そんなマイケルを心配するジンの気持ちをおいておいて、サンがこんなこと言うって、何かちょっと違和感を感じてしまった。
さてさて、やっぱりハーリー、恋の予感♪だったんですね。
チャーリーにリビーのこと聞いてました(笑)
守ってあげたいようなタイプが好きなんだ!!
確かに、島の女性は、「一人で生きていけます」派が多いもんね(笑)
リビーは、ハーリーが思ってるより自立した女性だと思うんだけどな~(^^;
進展はあるのかしら(笑)
そこへ、ワンシーン登場のサイード。
「気がめいる音楽だな。。。。」
・・・・大丈夫かな・・・何か、ボロボロでしたね。
さーて、境界線を決められても、ただで引き下がる男ではない!が、ジャック。
・・・・・また、暴走の予感・・・案の定、アナのところへ行って、何言うかと思ったら
「軍隊を作るのに何日かかる?」
おぃおぃ。(超暴走)
ろすとーーーー!

LOST2-10話「詩篇23章」

やっぱり意外性は、新キャスト。
以下、未見の方にはネタバレバレ!です。ご注意を。

今日は、面白かったです
今日のフラッシュバック担当は、お待ちかね!のエコー。
ただもんじゃない、とは思ってましたが、かなり黒い方へ手を染めていたんですね。
しかしその道へ足を踏み入れるきっかけは、弟を救うため・・・なんともやりきれん。
そのエコーとあのマリア像がつながっていたとは!!
シーズン1で出てきていたプロペラ機とマリア像とヘロインというミスマッチの謎が一気にとけるという意味でも、みごたえがありました。
さーて、嫌われ者のソーヤーが、戻ってきたことで人気者に?
ハーリーが「よぉ、ソーヤー、よく戻ったな」って言ってくれてるのに、
ソーヤーは「よぉ、ハーリー、痩せねぇな」・・・・あなたらしいよ(^^;
それにしても、そんなにソーヤーの長髪が気になってたのね>ケイト
ついでにヒゲも剃ってくれませんかね~(笑)
さてさて、前回こっそりウォルト(とは限らないが)とパソコンで連絡をとったマイケル、
今日も、こっそりチャットを楽しむ。(違)
今のところ何も恐ろしいことは起こっていないけど・・・
さてさて、今まで皆を恐怖に陥れていた”もの”の正体が。
・・・・・・・なんじゃ、あれ( ̄▽ ̄メ)
ただの黒い煙じゃん(爆)
しかも、エコーをみて退散しちゃったし。
何だったの?
ロックにしても、無事だったわけで、似た匂いを感じる方(キーワードは「運命」?)は、危険ではないとみなされるとか?
正直、あの姿は、ちょっとがっかり~
プロペラ機に辿りついたエコーは、かわりはてた姿となった弟と再会。
同じ島に弟とエコーが落ちたことは、偶然ではなく運命だろうね。
迷いもなく「私は神父だ」とエコーから弟へ、そして弟から今また戻ってきた運命の十字架を首にかけたエコーの姿は、今後の島の人たちの救いの存在になるかな、とさらに頼もしくみえました。
それにしても、ほんと殺人経験者率の高い島だ。
ジンは、孤立していたアナのところへ、サンを紹介しにやってくる。お魚付。
ジンは、すっかり優しきオリジナルジンモードですね(^^)シーズン1は何だったの?ってくらい(笑)
そして、テントがたてられず苦労するリビーのところへは、ハーリーが。
まさか、ハーリーに恋の予感・・・なんて話はないか?(笑)
ハーリーは、誰にでも優しいもんね
ソーヤーとジャックの間でケイトはどういう存在になるのか、
そこにアナはどうからむのかな~
今日も相変わらず、不透明なチャーリー。本当にマリア像は持っているだけで中身のヘロインは使っていない?
黙っていたことで、クレアからも追い出されちゃったチャーリーは、ちゃっかりマリア像をコレクション。
最後に視線がチラっと動いたのが、ちょっと心配。

LOST2-9話「彼女の事情」

困。
以下、未見の方にはネタバレバレ!です。ご注意を。

LOSTは、どうやらおぉ!という波と、は?という波が交互に来るような気がする(笑)
今回は、私には、は?なエピソード。
正直、今、感想にどこをすくっていいかわからない(笑)
えーと、フラッシュバック担当はケイト。
今まで、どうして追われているかわからないままでしたが、
やっと、『誰を』の部分が明かされました。
暴力を振るっていた酔っ払いの父親。
しかし、彼が本当の父親と知らなかった、という複雑な事情。
ちょっといろいろ理解に苦しむところが~
なぜ?の部分や、母親のこととかね。
ソーヤーにその父親を重ねていた、という部分も???
ということで、軽くスルー
で、現在。
穏やかな海、すっかりラブラブなジンとサンの姿がステキ、
と思ったら、一人穴を掘るサイード・・・悲しすぎる図。。。
せっかく幸せになったのにね、ささやかな幸せさえ許されない、それもサイードの運命なの?
今日の自分的なみどころは、いまだ高熱でうなされているソーヤーを看病するのジャックの図!(笑)
「痛くして悪いな」
いや~ん、もっと痛くして~←バカ。
しかも、そのソーヤーの返答が「愛してる」
そう。もちろんジャックへの言葉なわけはありません。
ケイトを愛しているソーヤー。その言葉になぜか落ち込むジャックさんでした(笑)
かくして、ソーヤーとケイトとの仲に嫉妬したジャックは、ケイトをビーチへと追いやろうとするのですが、あえなく失敗。
ケイトが残ることになり、ジャック退散。
ジャック、がんばれ!!(どっちに?)
↑見方間違ってます?
今日のジャックは穏やかモードでとてもステキでした(^^)
さーて、ロックがマイケルとエコーに、例の怪しいフィルムをみせるわけですが、
なんと!エコーが発見していた聖書の中に、そのフィルムからカットされた部分が。
今日の名言。
エコー「(ロックに)偶然と運命を取り違えてはいけない」
今までロック一人勝ち、なところがあったけれど、良いライバル(?)が出てまいりましたね♪
今日のニュース。
祝♪ソーヤーの熱がさがりました!
二段ベッドに寝ていて、てっきり助け出されたのだと思ったソーヤー、
そうか、ハッチのことは知らないんだったね。
時間の流れがゆっくりすぎて、いろいろ忘れちゃうね(^^;
外にでて、「見慣れた風景だぜ」とがっくりするソーヤー、気の毒に(^^;
そんなソーヤーをみてくすくすケイト。
「髪の毛伸びすぎ」って(爆)
結局のところ、ケイトという女性がよくわからないままのエピソードでございました。
あれ、そういえば馬は一体何だったんでしょう~
あんまり深く考えないほうがいい?
さて、ロックとエコーの初めての共同作業で(ケーキ入刀ではありません)
できあがったフィルム。
消えていた部分には、パソコンを、数字の入力以外に使うとおそろしいことが起こると。
その頃、マイケルは、PCからの謎のメッセージにこたえてしまっていた!
しかも、その返答は、「Dad?」
ウォルト?!
通信に使われてしまったパソコン
本当にウォルトなのか?
フィルムのその部分がカットされていのは誰が?なんのため?
ろすとー

LOST2-8話「復讐」

やっぱりそうなってましたか・・・
以下、未見の方にはネタバレバレ!です。ご注意を。

今日のフラッシュバック担当はアナ・ルシア。
彼女は警官。母親も警官。
パトロール中の銃撃事件で、重傷を負った彼女は、その時に、おなかの中の子供も亡くしていた。
子供に対して、何か思いがあるのは、どこかに残してきた離れ離れの子供、ってところだと思っていたので、まさかおなかの中で失った命だとは・・・驚きました。
でも、さらに驚きが・・・
えーと、今日はちょっと書き方をかえて、気になるキャラクターだけピックアップ。
◆ジャック
・ローズがジャックに果物を。食べながら話して、ローズに怒られる姿は、少年のようだね(笑)
・ゴルフダメダメ軍団に、やたらと説教臭いジャック、でも実はケイトの方が上手だったりして。にーちゃん風吹かせて、負けそうになると対抗意識燃やす姿も・・・やっぱり子供だ!(爆)
私は、そんな、ナチュラルなジャックが好きなんだけど・・・・
・でも、患者が現れると、真剣なお医者さんの顔に早変わり。頼れる姿も、もちろんステキ。
・ソーヤーに上手にクスリを飲ませるケイトをほめるも、その表情はあきらかにジェラすぃ~。
・シャノンが殺されたことで、エキサイトする性格は相変わらず。でも相手がアナ・ルシアだと知ると・・・それだけで、プシューっとしぼんでしまうジャックってのは・・・どうなのよ(笑)暴走ジャックは、ダメダメです(^^;
*みごとに段階を踏んで変貌していったジャックくんでした(笑)
◆ソーヤー
・今日はずーっとうなっていたソーヤーくん。敗血症でした
・ジャックの呼びかけじゃ飲まなかった薬を、ケイトがいいこいいこしたらがんばって飲むなんて!ジャックの愛を受け止めて欲しいのに(違)
*うなっている姿は、実はケイトじゃなくても母性本能をくすぐられるのだ!なんて思っているサドな方は、意外と多いかも?(爆)←それは私だけ?
◆ケイト
・ジャックと楽しそうにゴルフをやっていたのに、ソーヤーが現れた途端にソーヤーモードに。極端だな!そりゃ、心配したまま、ずっと時を過ごせとは言わないけど・・・。楽しいことでもやって体動かしていないと心配で胸がおしつぶされそうだったのね・・・と好意的に受け取っておくか(爆)
・行ってらっしゃいはできなかったけれど、「お帰り」と言えてほっとしたようなケイト・・・ジャックとソーヤーのハザマに、ちょっともやもやん。
ジャックに対しては、やっぱりお医者さんだった彼氏を重ねているところがあるのかな。きっと癒しの存在でいて欲しいと願っている。ソーヤーは、似たものだからひかれるんでしょうね。
*二人のイケメン手玉にとって、贅沢だぞっ!(爆)
◆サイード
・アナに捕縛されてしまったサイード。シャノンを殺されたて最初は向かっていったけれど、捕縛されてからは静かでしたね。運命を受け入れている感じが悲しくも大人でいいです
・捕縛をとかれ、まず向かったのは、やはりシャノンの亡骸。。。抱きしめて泣く姿は、(このカップルは好きじゃなかったけど)やっぱりつらい。サイード、とことん幸せになれませんね・・・。
*それも運命だとして、益々サイードがそれを受け入れていってしまったら悲しすぎるね。
◆エコー
・気になる言葉。ソーヤーをキャンプへ運ぶとき
「彼のためではない、これは私のためだ」
・ロックと初対面、ちょっと好き(笑)この二人、いいコンビになりそうな(笑)
・話すと余計怒らせるから黙ってる。とことん冷静なあなた・・・
*墜落したときも、真っ先に人助けしていたエコーですが、「私のため」?・・・過去、気になりますね。
***
アナのフラッシュのエンディング、
犯人をさがしだして、撃ってしまったのには、正直驚いた。
そして、次に頭に出た言葉は・・・
人数あたりの殺人犯の割合が高い島だなぁと(爆)
それを、サイードには明かしませんでしたね。
ま、そんな簡単に心を開くタイプではないしね
運命の便にのった経緯は、まだわからないけれど、
ケイトと同じように、逃亡中なのでしょうか
だとしたら、空港で、ジャックに声をかけた時の雰囲気は・・・
これから、そこへどうつなげていくのか、みものですね。
そして、そこから怒涛のエンディングへなだれこみ。
ビンセントがマイケルをみつける。。。
そういえば、シャノンにビンセントを託したのは、ウォルトでしたね。
そう思うと、何かウォルトにはみえていたような気がして怖いな・・・
ここからは、もう、涙なしにみられませんでした。
ギターをつまびくチャーリー
ジンとリビーとバーナードが歩いてくるのをみつける
チャーリージンに抱きつく
嬉しそうな輪が広がっていく
そして、とうとうローズとバーナード再会(涙)
ジンとサンの再会(涙)
嬉しさの反対側では、
エコーに連れられたジャックがシャノンを抱くサイードに会う。
・・・・かける言葉もない
そして、アナ、ジャックとみつめあう
ジャック、複雑な表情
アナ、目をそらす
ろすとぉ~
搭乗前にちょろっと気になる女性になっただけなのに、
ジャックのアナという言葉を聞いたときと、アナに会ったときの表情は、
大げさちゃうん?(笑)というくらい、驚いていた。
ドラマ的には、今後ジャックとアナの関係を深くしていくってことなのかなぁ?
ジャックと話してて、急にソーヤーモードになったケイトと同じく
急にアナモードになったジャックにも、もやもやん~
でも、今日は、ステキシーンがあったので、まる!です(*^^*)

LOST2-7話「知られざる48日」

先には進みませんでしたが・・・
以下、未見の方にはネタバレバレ!です。ご注意を。

美しく穏やかな海。
・・・・・・
そこへフレームインしてきたのは、飛行機の後部でした。
一瞬にして、惨劇へと突入する今回、後部座席組の墜落から現在までの48日間が描かれます。
1話まるごとフラッシュバック!(って、それはフラッシュバックとは言わないが(爆))
さすが、積め込まれてて、目が離せませんでしたね~
離せなかった理由がもうひとつ。
どうやらDVDの相性の問題か、副音声が聞けなくて、全編英語視聴しました。
果たしてちゃんと理解できてるのかは不明ですが(^^ゞ一応レポ!
アナとエコーは、墜落初日から、大活躍!
そして、彼らが助けた中には、クマを持っている少年が。
ジンとエコーが遭遇したアザーズの一人がクマをぶらさげていた。
あのクマだよね。あれは、あの子だったんだろうか。
女王様アナばかりみていたけれど、とにかく子供に優しい。
ママのところへ返してあげるからね、と約束する表情は、私の知っているアナではなかった。
後々の会話で、「子供はいる?」と聞かれ間があってから「NO」とこたえたアナ、きっと子供がらみで何かあるんだろうね。
そして、子供達をシンディにお願いしたエコーも、とても優しげでした。
優しく頼りになるエコー、彼の過去も、ちょっと気になるわ。
そして、生存者の中には、ブレット・カレンさん♪
ブレットさんは(後にグッドウィンという名前ということが判明。・・・・アレ?)木の上にひっかかっているバーナードを発見。
アナの冷静な呼びかけで、バーナードは無事(^^)
アフリカ系の女性をさがすバーナード・・・・ローズさんの行動と重なるね。素敵なご夫婦。
そんなバーナードに、エコーはあたたかく声をかける。
彼は48日間、ローズに会えることだけを信じて祈っていたのでしょうね(^^)
後部座席組の危機は、かなり早くやってきた。
1日目から既に襲撃が。
よくわからなかったけどアザーズ2人を倒したのはエコー?(強)
3人もさらわれてしまいました。
そして12日目には、ついに子供たちを含む9人がさらわれる。
このあたりから、アナの女王ぶりが際だっていきます。
その理由は・・・子供にママのところへ返すと約束したのに、子供たちがさらわれてしまったからなのだね。
アナは、単独行動を起こすネイサンを疑い出す。
そして、アナが穴をほりほりしてできあがった穴に、ネイサンを入れてしまう。
ソーヤーたちが入れられた穴は、元々はネイサン用だったのね(^^ゞ
このあたりで、アナとグッドウィンがかなりいいムードに。
ジャックとケイトがいい感じになっていったように、こっちはこっちで、似たようなカップルがいたのね~と思った矢先、グッドウィンがネイサンをぐわきっ。(殺)
あぁ、やっぱりグッドウィンはアザーズだったんだね(-_-;)
つーか、ネイサンは、無実なの?すっごい気の毒(^^ゞ
27日目、ジャックたちがハッチをみつけたように、アナたちも、怪しい隠れ家を発見。(ソーヤーたちが連れてこられた場所だね)
そこには、電気が通っていて、グラスアイ(義眼?)、聖書、そして無線。
ここには誰が住んでいたんだろう。片目の男がそのうち登場するんだろうか。
そして、無線を確かめるべく、アナとグッドウィンが高地へ。
アナ危うし!!
と思ったら、何と、逆にグッドウィンを尋問しはじめた。
アザーズってわかってたのに、一人でグッドウィンについていったとは・・・アナったら侮れない・・・( ̄▽ ̄メ)
グッドウィンを倒してしまった(強)アナ、結局アザーズのことについては、何もわからなかった。(よね?)
ジャックと戦ってチャーリーを吊るした人(名前もう忘れてしまった!)は、バカ力のイメージだったけど、グッドウィンはごく普通の人間程度の力にみえた。エコーも(私のみかたが間違ってなければ)2人倒したわけだし・・・イマイチ、アザーズの力がよくわからない。
つーか、ブレットさんをもっとみられると期待していたので、残念。合掌(-人-)
ずっとはりつめていたアナが一人こっそり涙を流す、
それまで(二人殺してしまってから)口を閉ざしていたエコーが、言葉を発する。
なかなかよいシーンでございました♪
あとは、
リビーとシンディがジンを発見、
既に知っているシーンへ。
逃げ出したジンがソーヤーとマイケルと遭遇、
エコーがみんなをはりたおし、穴へと
ソーヤーたちのことをさぐるためにアナがエコーに自分を殴らせて、みずから穴へと。
そして、前回のエンディングシーンとつながります。
撃ってしまったアナと、シャノンを抱きかかえたサイードの対峙がなんとも胸にせまってくる。
前回みた同じシーンよりもずっと。
ろすとー
***
えーと、あってますでしょうか?(^^ゞ
重要なところで間違ってたら、ぜひ教えてください!