LOST2」カテゴリーアーカイブ

LOST2-6話「さまよう者」

ええええええええええ
以下、未見の方にはネタバレバレ!です。ご注意を。

今回のフラッシュバック担当はシャノン。
シャノンは、ごく普通の女の子でした。
最初からブーンに女王様状態していたわけじゃないんだ。
お父さんが亡くなってから、彼女の人生も一変しちゃったわけなのね。
(お父様の病院にジャックが!)
長髪のブーン、久々に元気な姿に会えて嬉しいよ!!
これからもシャノンのフラッシュバックでお目にかかれるのかな、と思った矢先・・・
さーて、今日も、ジャック組とアナ女王蜂組にわけてのレポ。
ジャック組は、ほとんど進展はなし。
ジャック組と書いたものの、ジャック、出てたっけ?(爆)
進展と言えば、サイード!一体何作ってるんすか!しかもいつのまに!(爆)
うーん、ジャックたちとの作業は作業でしていたと思うので、余かを利用して・・・よね。すごく余裕がある人だなぁ~(笑)
と、彼が用意したのは、シャノンとの愛の園(笑)
しかし、またもやシャノンの前に現れたびしょぬれウォルトに導かれ、シャノンはウォルトをさがしに出かけ、サイードは信じていないながらも、彼女を追いかける。
愛の園作戦は、早々に失敗するのであった(爆)
チャーリーがマリア像を持ち歩いてるのがロックにバレちゃいました。
「依存症」というロックに「元依存症だ」と言い返すチャーリー。
使ってるのかなぁ?使ってないのかなぁ?
それは、さておき、クレアに父親風吹かせるチャーリーは、クレアと同感(^^ゞ
「母親の自覚がない」とか、説教オヤジ化するチャーリーって、どうなのよ(笑)
アナ組は、ジャックたちに会うために、歩を進めるが、ソーヤーがフラフラ~。それをみた優しいエコーさんの提案で、アザーズがいる危険なジャングルに足を踏み入れることに。
そうそう、前回ソーヤーを分析していたリビーは、カウンセラーってことがわかりました。
ジャックと一緒になったら、心理ケア担当で、最強の新LOST病院ができそうじゃない♪
もちろん、一人目の患者さんは、ソーヤー。
遂に、倒れてしまいました~。
何だかんだと、ソーヤーを置いていけないマイケル。
前回、親友じゃないとか言っていたのは、素直じゃなかっただけ?
しかし、そんな中アナ組の一人、シンディが消えた!
それと共にアザーズの声が・・・
拳銃をとりだすアナ!!!
そして、シャノンとサイードの愛の園大作戦は、
「誰も私を信じない。私を見捨てるんでしょ」と泣くシャノンに
「ずっと一緒だ、愛してる。信じてるよ」とこたえるサイードで、まるくおさまる・・・はずでした。
アザーズの声を聞くまでは。
そしてウォルトの姿が。
ウォルトを追いかけたシャノン
銃声
シャノンのお腹(のあたり?)からは血が・・・
その先には、拳銃を持つアナ
こんな形で、二つのグループが遭遇するなんて!!!
ウォルトは、何にシャノンを導いたの?
シャノンはどうなっちゃうの?
ろすとー!

LOST2-5話「探しもの」

ち・・・・・・・・ちーーーーーっともすすんでないし( ̄▽ ̄メ)
以下、未見の方にはネタバレバレ!です。ご注意を。

結婚指輪をなくしたサン
今回のフラッシュバック担当はサンとジンでした。
ただ指輪をさがしているだけのサンと、過去のフラッシュバックの関係(内容も)はイマイチ。
でも、サンとジンの出会い方がわかって、最後にはほんわり(^^)
サンとジンって、LOSTが始まったときは、得体の知れない人たちで、感情移入できなかったものですが、いつの間にか、自分にとって魅力的なキャラクターになっていました。
特にジンの印象。
フラッシュのジンは、やっぱり優しくて、そのせいで、職を失っておりましたね。(つうか、自分から辞めた)
指輪をさがしているサンにかかわるキャラクターの違いはなかなか(笑)
まずは、ジャック。
自分が結婚指輪をなくしてしまったときのことを話して、一緒にさがそう、と。
やさしいね♪そんなジャックは好きだわ(^^)
ハーリーは、行動をさかのぼって、ビンセントにいきつく。
ワンコは何でも食べちゃうから、・・・・・・んを待つと(笑)ハーリーらしいか(^^;
みつからなくて荒れているときにはロックが。
いつも落ち着いているロックだけれど、昔は怒ってばかりだった、と。
そのコツは?のサンの問いに「さがすのをやめた」
これは、確かに!とうなずいてしまった。
さがしものは、さがしてるときってみつからないんだよね(笑)
そしてケイト。
なぐさめようとしたけれど、逆にイカダにのせたびんが流れ着いたことを知りショックを受けちゃったのはケイト。
さよならいえなかった・・・ってソーヤーがそんなに大切な存在になっていたのだね。
進展という意味では、今回はイカダ組に軍配。
イカダ組とアナ女王蜂&働き蜂組は、ジャックたちのもとへと移動を決めて、食料調達。
その時にリビーとマイケルの会話で出てきた内容。
一人は友達と思ってないってソーヤーのことよね
わかりあったのかと思ってたのに!
ひどいわ(^^;
リビーは、そんなソーヤーのこと冷静に分析してましたね。
そんなマイケルが、一人ウォルトをさがして失踪。
またまた失踪者を追え!部隊登場。
ジンとソーヤー・・・ではなく、ジンとミスター・エコーでした。
まぁ、ビミョーな関係だから、ソーヤーが行くといわなくても不思議じゃないか(^^;
エコーさん、なかなかいい人そう♪
アナ女王蜂組の人数は、5~6人でしょうか?
最初23人いたというから、”アザーズ”にビクビクするのも無理はないですね。
失踪捜索部隊ジンとエコーがアザーズに遭遇。
足しかみえなかったけど、特に普通の人にみえましたが、どこがどうなってそんな凶暴になっちゃったのやら。
さて、失踪部隊は、マイケルを発見します。
闇雲にさがしても危険だ、と結局、マイケルが戻ることになる。
なんだよーふりだしに戻っただけやん(^^;
ということで、今回の進展なし!(爆)
進展といえば、ソーヤーとアナの関係がちょっとやわらかくなったかも?
ソーヤーに「ゲイ?」と聞いたのには笑った(^^;
そしてどんどん弱ってきているソーヤー、ジャックに早く会わせてあげたいです。(←ややヨコシマ)
サンのリングが出てきたと同時に、フラッシュバックのジンとサンも、運命の出会いを。
ジン、ひとめぼれっすね(笑)
二人の笑顔はステキでした♪
前回、レポに書き忘れたので、今回は書くと予告していたサイードですが、姿すらみられませんでしたね(^^;

LOST2-4話「憂鬱な仕事」

いよいよ、4話から先にすすみました~
CSIベガスとNYとWAT他のドラマも抱えてますので、
ゆっくりペースですすんでいきたいと思います♪
以下、未見の方にはネタバレバレ!です。ご注意を。

今回のフラッシュバック担当はハーリー。
ハーリーなら♪と期待してみましたが、前半の展開は、ややスローだったかな。
LOTOくじに当たってしまったハーリー、すぐにはまわりに明かさなかったのね。
タイトルの原題「みんなヒューゴが嫌い」って何?と思ったけれど、
癒しのハーリーの影の部分は、やっぱりハーリーらしい、かわいらしいものでした。
(いや、本人には深刻なんだけど!!)
一緒に仕事を辞めてくれて、一緒にバカやって、
でもそんな親友との関係は、LOTOくじにあたったときに壊れてしまったんだね。
発覚した瞬間のジョニー役の人の表情が絶妙でした。
アーロン・エッカート主演の「ザ・コア」でみたことがありますが、
オタク系の風貌が、こんな親友役がぴったり!なんとも気になる人です(笑)
フラッシュバックで、二人がドライブシャフトのCDを聴いていたのに笑います。
しかもダサイとか言われて”一発屋”として2ドルセールされてるし(爆)
そんなフラッシュバックとからむ『現在』は、ハーリーが、ハッチ内の食料庫担当を任されたという悲劇(ハーリーにとっては悲劇っしょ!)と並行して進行します。
こんな場所にハーリーを采配するとは、ジャック、酷だよ(笑)
でも、そんなハーリーが選んだパートナー、ローズ。その判断は賢明でした♪
女性の中では、一番の癒し系でしょう。
後部座席に座っていたというご主人が生きていると、ずっと信じているあたたかな笑顔とやわらかな声の持ち主。
全員で食べるには充分ではない食料。きっと諍いが起こる。
実際、ケイトは、物資のうちのシャンプーを、ちゃっかり持ってって、一人シャワーを浴びる(^^;
更には、クレアのために、と、ピーナッツバターをほしがるチャーリーとの仲までこじれる。
(チャーリーって、人の気持ち全然考えられなくて、ちょっとマイナスです~)
「みんな自分を嫌いになる」
思いつめたハーリーは、なんと食料庫をダイナマイトで爆破しようとする。
って、そりゃ極端じゃ(爆)
ローズが見つけてくれてよかった(^^;
そして、おそらくローズと相談し、ハーリーがとった解決策は・・・・
皆に一気に食料をわけてしまうことだったのですね。
ジャックが、ここでもリーダー風を吹かせるんじゃないかと心配でしたが、あっさりOKしてくれてよかった。
おかげで、とってもほっこりなシーンが(*^^*)
ハーリーが皆に食料を渡していく。
もちろん、チャーリーにはピーナッツバターだ。
それをクレアに渡して、以前の『想像のピーナッツバター』のシーンを再現していたのは、
ほっとさせてくれました。
ジャックとケイトの笑顔(どうやら、ジャックはケイトのシャワーシーンにやられてしまったよう?(^^;)
ロックも笑顔、ハーリーはチャーリーとハグ。
皆の笑顔がステキなエンディングシーンでした♪
と、ハーリーを中心に語ったらエンディングまでいってしまった(^^;
ちょっと巻き戻ります。
イカダ組のマイケル、ジン、ソーヤートリオは、いまだアナたちに捕らえられている。
ソーヤーに酷いことばかりするアナ・・・苦手だ(爆)
↑まぁ、ソーヤーの態度は、確かに素直じゃないけどね(^^;
そして、彼らは、後部座席組だということが判明。
アナをリーダーに、こちらはこちらでサバイバルしてきたよう。
マイケルが声をかけたリビーという女性、まだまだ出てきそうですね。
彼女によると、後部座席組の生存者は23名。
だが、彼らが暮らしているところへやってくると・・・・
マイケル「23人では?」
「前はね」
こちらも、いろんなストーリーがあったようで。
これは、またおいおい語られるのでしょう。
そんな三人のもとへ、一人の男性が。
ローズという女性を知らないのか?
ここで涙がブワっときました。
ローズさんが、生きているとずっと信じていただんなさまのバーナードさん、
本当に生きていたんですね(TT)
そして、きっとバーナードさんもローズの生存を信じていたのでしょう、
ローズが元気なことを知って、涙。
こちらも涙。
このシーンは、ハーリーが食料をみんなにわけているところから、続けてきました。
ステキなエンディングに、感動していたら、まだありました。
映像はローズさんに戻る。
彼女の手には、アポロチョコ。
バーナードさんが好きだとハーリーに話していたチョコを、そっとポケットへとしのばせる。
きっとバーナードさんと再会した時のために。
あぁ、もう、このエンディングで数話分よかった~と思えました(*^^*)
さーて、次回もがんばるぞ~♪
そうそう、サンは、クレアが拾って持ってきたイカダにのせたメッセージボトルをみて、ジンが死んだと思っている。
早く再会させてあげたいですね
ソーヤーの傷も、どんどん悪くなってるみたいだし。
早く、あなたのハニー・・・じゃなくてジャックに診てもらわないと。

3/21DVD「LOST2」発売、シーズン1地上波放映


まずは、先日エントリーした記事では春発売、となっていた
LOST2のDVD-BOXの発売が3/21に決定したようですね~
21000円
特典ディスク1枚ついているそうな
***
そしてLOSTシーズン1が地上波登場のようです♪
◆2007年1月8日からTBSテレビにて(毎週月・火曜 25:59~)
◆2007年1月1日から中部日本放送にて(26:15~)
◆2006年12月13日から毎日放送にて(毎週水曜 26:30~)
ソース:TSUTAYAニュース

LOST2-3話「信じる者」

限定3話視聴も、いよいよラストとなってしまいました。
一応先に進んだのでほっとしました(笑)
以下、未見の方にはネタバレバレ!です。ご注意を。

今回のフラッシュバックは、ロック。
シーズン1も、半分くらいフラッシュバックがどーでもいー感じでしたが、
今回もどーでもいータイプだった(^^;
「ハゲが好きなの(^^)」
「まだハゲてない。」
という過去の会話は、今のロックの頭を思うと笑えるが(爆)
そんなこんなで仲良くなった女性とのラブストーリーがフラッシュバックの軸。
腎臓を奪うだけ奪って、「めざわりだ」という父との決別が描きたかったのでしょうか。
ま、車椅子の原因がわかってないので、まだまだこの女性とこの後に何かあるんだろうね。
島のことが謎だらけなんだから、フラッシュバックでまで、謎を残さなくてもいいのに・・・
島の方では、前回、島にたどりついたマイケルとソーヤーが
”OTHERS”から逃げてきたジンと合流。というところからはじまる。
檻のようなところへ入れられた彼らのもとへ、もう一人お仲間が投げいれられる。
アナ・ルシアの登場です。
ジャックのフラッシュバックで、飛行機に乗る前に、声をかけてきた女性だ。
彼女は後部座席に座っていたはず。
まっぷたつになった後部座席にも生存者が?
ハッチの中も進みましたー(笑)
ジャックと、ロックに銃をつきつけたデズモンドのにらみ合いの中、
武器を発見したケイトが乱入。
銃が火をふき、パソコンに当たり壊れてしまった。
もうジャックたちどころではなく、あわてて修理をはじめるデズモンド。
このPCに何が?
例の数字をいれ108分ごとに実行ボタンを押す。
それが、世界を救う方法だと。
・・・・・・・・ジャックじゃなくても、何言ってるん!って感じだわ(^^;
証明だというフィルムも、怪しげだし。怪しい新興宗教のビデオにしかみえなかったわ。
LOSTよどこへ行く!とちょっと不安になった伏線でございました(^^;
PCがなおらないとわかってからのデズモンドの逃げ足は速かった(笑)
デズモンドを追っていくジャックに、「一人にしないで」とロック。何かかわいいぞ(爆)
入れ違いでケイトが呼びにいったサイードの、なんと頼もしいこと!!
なおさなくてはならないなら先になおして、話は後できく。
うーん、しびれる(笑)
話を聞くまで、作業を中断させたジャックとは大違い(^^;
結局、サイードはみごとPCをなおし、ギリギリにジャックが帰還。
ロックと、はじめての共同作業♪(はぁと)←なんだそりゃ。
これは二人で行う作業だ、とロックに言われ、ジャックはイヤイヤながらも同意することになるわけだ。
残り1秒で、ジャックに「実行」ボタンを押させる作りに、ちょっとあざとさを感じてしまう・・・。
それも、ロックの言う運命なのか?
あぁ、何があっても運命だ~運命だ~って、それで終わりにされそうで、ますます不安だっっっ
さてさて、ちょっとさかのぼりますが、デズモンドを追いかけていったジャック、
デズモンドに追いつきます。
デズモンドの方は、その時やっと、スタジアムにいた医者がジャックだとわかる。
そして、サラのことを問う。
ジャックは「結婚した」と。過去形。
今は違うということか。とデズモンド。
なぜに、この会話で泣くのだ、ジャック!
サラと何があったのだ!
奇跡は長続きしなかったのかなぁ・・・
一度信じた奇跡を、島にきてからはかたくなに信じたがらなかった原因がきっと何かあるのね。
ただ、気があわなくて、離婚した、なんてオチはやめてくれよ(爆)
そうそう、マイケル、ソーヤー、ジンのイカダ組プラス、アナ・ルシアのこと
忘れてた(爆)←忘れるなよ。
ソーヤーが銃をとりだして、あいつらを撃つ。と宣言。
が、アナ・ルシア、なんとソーヤーを殴って、拳銃をとりかえしたっ(つよっ)
そして、三人を捕らえたヤツらが、彼女をひきあげる。
アナ・ルシアは、偵察係だったのね(^^;
ってことは、彼らはみんな後部座席組?
三人も同じ便に乗っていたとわかっても、一緒に協力しよう、って感じじゃなかったよね。
どうなるんでしょ・・・
さて、一番気になるのは、ケイトがサイードを呼びに行ったときに、
一緒にハッチにやってきたハーリー。
食料庫をみつけてしまいました(笑)
ハーリー、食べ尽くさないかね(笑)
↑それが一番気になるんかいっ(爆)
だって、今回もかわいかったんですもの♪
夜、誰も襲ってこなかったので、このまま平穏な日々になるといいな、
と言ってるそばから、ケイトが走りこんでくる
「またか・・・・・」
ほんとだよね!(笑)
視聴者の代弁でもあったりして(爆)
やっぱり、ハーリーはかわいい♪
ろすとっ!
***
4話以降はいつみられるかわかりませんので、
続きはその時またー!(続ける気力があれば(爆))

LOST2-2話「漂流」

3話限定のシーズン2視聴、第二話です。
前回、吹き替えが新鮮と書いたけどそこにふれるの忘れてた。
ジャックの声は、井上さんの声が大好きで、
最初違和感があったけれど、オリジナルの声なので
すぐに慣れました(笑)
一番慣れなかったのは、ハーリーの声だな。
男っぽい声だ~
吹き替えは、すっごいかわいいイメージだったんだもん~
そして、ソーヤー。
いやぁ、確かにいい声してますね!!腰に響きます(なんじゃそりゃ)
以下、未見の方にはネタバレバレ!です。ご注意を。
(ブログ人は”続き”で隠せないの。ごめんね。)

先に書いてしまえば、私にとっては、今回のフラッシュバックには興味なし。
マイケル・ウォルト親子のネタは、今までの間を埋めるだけで、新鮮さがないです。
今回も、マイケルがウォルトの親権を手放した経緯をみせるだけで・・・・それだけという感じ。
その部分の感情的なことは、シーズン1でも充分に描かれていたじゃないですか。
さて、今回島の部分の時間軸は、少々前回の2-1話に戻ります。
ケイトがハッチの中へ進んでいるときに、悲鳴が聞こえ、ロックが支えるが、落ちてしまった・・・という部分まで。
と同時進行で、イカダ組のその後が。
フラッシュバックと同じで、イカダ組にほとんど進展はなし(^^;)
こちらのレポでも時間軸を無視して、先にイカダ組の経過を。
やっぱりソーヤーは撃たれていた。
それでも、おぼれそうなマイケルを必死に救って、イカダの残骸にひっぱりあげて蘇生。
それなのに・・・それなのに・・・お前のせいでウォルトが連れ去られたんだ。
ってそりゃないよ・・・マイケル。
ソーヤーも、意地になって、結局罪のなすりあい( ̄▽ ̄メ)
いがみあってるので、腕に入った弾を一人で指でとりおった!ソーヤーおそるべし・・・。
そして、朝日がのぼり、後悔の涙を流すマイケル。
自分が一番悪いって、わかっていて、ソーヤーに悪態ついちゃったんだよね。
みんな素直じゃないんだよね(^^;
さて、時間軸が巻き戻ったハッチ組。
ロックが下におりると、謎の男、デズモンド登場。
「お前は彼なのか?」
どうもデズモンドは”彼”を待っているようだ。
って、彼ってだれよーーーーー(爆)
「雪だるまは何と?」
こんなところで、雪だるまって・・・・ポーラーベアーもいたから、そりゃ不思議じゃないけど(^^;
さらに
「まだ世界はあるのか?」
ここに逃げてきて、シェルターとして使ってたのかな?
「何人病気になった?」
これはダニエルが言っていた、”みんな死んだ”伝染病のことかな。これから出てくるとしたらいやだな・・・
当然この謎は謎のまま・・・
そうそうここで、墜落から44日目ということがはっきりしましたね。
最初はロックを捕縛しようとしたが、ロックは、捕縛する相手にケイトを指名。
ケイトは、ナイフで縄抜け。ロックのナイフかな?
ケイトがいたのは、食料庫でした。
一体いつからいるのか、どうやって食料を運んだのか、(電気だってそうだけど)益々謎だらけ。
でも、とりあえず、ケイトはチョコバーを味わい、2~3本失敬(笑)
44日ぶりのチョコはさぞかしおいしいだろうな~
ケイトが通気ダクトをはってるときに、2-1話通りジャックが登場。
音楽が鳴り響き、デズモンドをみて、驚く。
・・・・って全然進まないじゃんよーーーーー(爆)
さーて、イカダ組、潮の流れで、島に戻ってきました。
と、そこにジンが。
韓国語でわめいているが、英語で訴えた言葉は
「OTHERS」
後ろをみると、人が5人くらい追ってくる。
誰?
ろすと!!
*****
まったく進んでないじゃないかー(爆)
それどころか後退している(笑)
ジャックは、前回と同じ役割で裏側担当だし、
サイードなんか出てきもしないし(^^;
ちょっと物足りなかったかな~
おっと、そうそう。
チャーリーのその後もありましたね。
マリア像に気づいたクレアに、ごまかしてました。
チャーリーはクレアとセットで、癒し系でいてほしいのになぁ
なんかいろんな意味で、ちょっと不安です。。。

LOST2-1話「闇の底」

BS-i組の私ですが、3話だけ先にみるチャンス到来。
早速1話目を鑑賞いたしました(^^)
しかも、吹き替えではなく字幕なので、すっごく新鮮~
以下、未見の方にはネタバレバレ!です。ご注意を。
(ブログ人も”続き”って隠せるといいのに~)

***
シーズン2の初回は、
誰かの生活シーンからスタート。
突然新メンバーのフラッシュなのかな?と思っていると、
どうも、様子が違う・・・
と、音が。ジャックたちの爆弾の音だ。
ええー、これハッチの中だったの?
意外すぎ(笑)
ってか、笑ってしまった(爆)
ムック本に、ハイテクなんだかローテクなんだかわからない、
って書いてあったけど、まさにそんな感じ(爆)
でも、確実に40余人が隠れるだけのスペースはありそうだ。
ジャックたちは、入り口爆破したはいいけど、
中の様子は、あまりに深いのでわからない。
今晩中に全員がハッチに入るのは無理と、あっさりあきらめるジャック。
入りたいロックと入りたくないジャックの牽制・・・というか、頑固なジャックが言い負かしたってところだろうか。
しかも、ハッチの入り口には「検疫隔離」の文字が。ジャックは余計に頑なに。
まぁ、「検疫隔離」ならジャックが入りたくないと言っても仕方がない。
(その前から入らないって言ってたけど(爆))
でも、爆破した時点で、下手な病原菌ならば、まきちらされてるんではなかろうか?などとつっこみたくもなる(爆)
その頃、シャノンがビンセントを追いかけてびしょぬれのウォルトと出会う。
が、その後すぐに消えてしまった。
さらわれたウォルト、自力で逃げた?それとも、力で助けを求める念でも送った?
ハッチに入らないことに落ち着いて、一度洞窟に向かう途中、ジャックがハーリーから数字の謎を聞く。
精神病棟に入っていたときに、隣の男がつぶやいていた数字で、宝くじがあたったけれど、その後不幸が続いた、と。
ジャックの回答「精神科?」
・・・・「それだけ?」とハーリーじゃなくても、言いたくなる。そんな返し方ないでしょう。ほんと最悪だね(- -;)
ということで、本日のフラッシュバック担当はジャック。
1話だけのオマケで、ジャックののびた髪型がみられる♪
・・・・・・髪がのびると「ニキータ」のマイケルに似てないか?(爆)←私の好みが歴然とした瞬間。
フラッシュで、昔から、患者への配慮にかける医師だったことが判明。少ない確率は切り捨てて、あっさり患者に「無理だ」と言ってしまう現実主義者。このはっきりしたところ、島でも全然かわってないよね(^^;
そして、意外。ジャック父は、たとえ1%でも望みを信じる医師でした。
ハーリーの言葉で、そんな過去を思い出して、反省したのか、ハッチには入れないが、絶対大丈夫、みんなで朝日をみることができる。と希望のある言葉を洞窟でみんなに話すジャック。
ジャックって、行動がいつも極端だよね(爆)
その極端さの例が、過去にもありました。
背骨を傷めて運び込まれてきた女性に、「必ず治す」と言ってしまうのですね。
一方、ケイトは極端な言動をした(笑)ジャックをほめて、ハッチへ入ろうとするロックのもとへと行ってしまう。
ロックを心配しているようなことを言っていたけれど、なぜ?
ロックはともかく、ケイトまで検疫隔離とか書いてあるところに入りたがるのよ?
過去。スタジアムの階段をひたすら走るジャック、もう一人そういう人物がいて競争になる。
足首をいためて中断。彼が、brother!と話しかけてくる。
彼に、なぜ、自分を痛めつけている?と問われ、治すといった患者の手術が結局成功しなかったことがわかる。
どのタイミングだったか忘れましたが、ジャックもケイトの後を追い、ハッチへと入って行きました。
ジャックがハッチに入った理由は、ただ単純に、ケイトを心配してだよね?
心を許した人のためなら、命でも投げ出すジャックはかっこいいんだけどな~(極端)
過去。目覚めた女性に、悲しい報告をしなくてはならず、苦悩顔のジャック。「治すといったのに治せなかった」もう、こういうジャックには、いいこいいこしてしまいたくなってしまいます(*^^*)だが、女性は「治せなかったなんて嘘でしょ?だって指が動くもの」
え?
治せたら奇跡。とスタジアムの男に言っていたけれど、その奇跡が起こっちゃったのです。
涙を流して喜ぶジャックに、またいいこいいこしたくなってしまいました。
彼女は、もちろん、以前のフラッシュバックででてきた、ジャックの婚約者。
奇跡を一度体験しているのに、なぜに、島では頑固なまでに現実主義なんでしょうね(^^;
ま、それは置いといて、ジャックが入り口から降りて先へ歩を進めると、音楽が流れ出し、パソコンが置いてある。そして、ロックに銃をつきつけて出てきた男が、ジャックを呼ぶ。
brotherと。
スタジアムで会った男、デズモンドだ!
ろすとーーーーー
***
なんじゃそりゃーーーーー(爆)
ジャックのフラッシュにしては(爆)、島の謎とのバランスが良かったかな(笑)
でも、既にわけわかんない方向に足を踏み出してしまってますねぇ(^^;
なんで、デズモンドくんはこんなところにいるよの。
文化的な優雅な生活を送ってるしさ。
何か薬みたいのも注射してたし。
メインキャラになるのでしょうか?
さて、今回イカダ組は全然登場しませんでした。
2話でソーヤーたちの運命がわかるのかな