Mail Magazine

根岸季衣メール通信では登録下さった方に
月に1度、無料でこぼれ話やSpecial Photoを お届けしています。
送信ご希望の方は、「根岸季衣メール通信希望」と明記の上、
ハンドルネームとメールアドレスを記載し以下のメールフォームよりお知らせください。
最新号よりお届けいたします。
メールフォーム

※携帯用メールマガジンは2012/12月をもちまして終了しました。

「Mail Magazine」への7件のフィードバック

  1. 長い間ご無沙汰しています。
    N中学校同期の齋藤良樹です。

    ご活躍ぶりは、TVなどで時折拝見していますが、還暦ライブとはさすがです。
    当然私も還暦・定年ですが引き続き働いております。

    偶然HPを見つけた斧ですから、懐かしさのあまりメールいたしました。

    これからも、ますますのご活躍期待しております。

  2. 良樹さん
    コメント有り難うございます。
    同級生の消息等、プライベートな事、メールしますね。
    ライブにも是非!

  3. 銀座タクト予約なしで行きましたが、唯尼庵の小鉄さんたちが席を取っておいてくれましたが、なんと、一番前、ちょっと恥ずかし嬉しの席、かぶりつき、おまけに写真撮り放題とのこと、ちゃんとしたカメラを持ってくればよかったです。見に来ている人達の年齢もいい感じですね、、60歳も、まだまだです。
    ブルースが好きで、一度聴いて感動したのでまた、来てしまいましたが、十分素晴らしかった。途中のブルースハープとギターバックの小編成もシンプルでいい感じ、こういう感じ好きです。昔、スリーピージョンエステスの日本初ステージもソロで凄かった、一緒に来たシカゴのバンド、エイシスのスウィートホームシカゴは楽しかった、、
    今回も好きなナンバーをいっぱいやっていただき本当に楽しませていただきました、感謝です。

  4. 福田様

    こちらにもコメント有り難うございます。
    一杯お褒め頂いて、木に登っちゃいそうです。

    上記メールフォームもどうぞ宜しくお願いします。

  5. 根岸季衣 様

    先日4月20日、文化放送ラジオ横、コーヒーSHOPにてお声を掛けさせて頂いた
    志鷹と申します。
    お寛ぎの時、貴重な時間を割きお話をして頂きありがとうございます。
    根岸さんとの遭遇は、映画未知との遭遇より神秘的でスリリングな時間になりました。
    根岸季衣通信、しっかり頂戴致しました。
    今後とも宜しくお願い致します。

    銀座でのライブのお誘いありがとうございます。
    ブルースを奏でられていることを知り興味を抱かずにはおれませんでした。
    私たちの時代、女性シンガーと言えば「安田南」さんです。
    「プカプカ」を根岸さんも歌っておられのでしょうか。お聞きしたい気持ちでおります。
    ディラン2の解散コンサートにも10代に立ち会っていたので、ブルース、その響きが新鮮でした。
    因みにブルースバンド「憂歌団」の木村さん、内田さんは高校のセンパイです。(大阪市立工芸高校)

    大都会東京に久しぶり伺い刺激的でしたが、少々疲れました。人が多すぎますね。
    そんな最終日に根岸さんとお会いでき「ホッ」としました。
    ついつい根岸さんの醸し出す空気が気持ちよく、多く語りすぎました。(笑)
    お許し下さい。
    また大阪にお越しの際は連絡下さいませ。
    ディープな大阪と同時に、普通の大阪の時間を知って頂きたいです。

    根岸さん、
    本当に浜松町では良くして頂きありがとうございました。
    岸田今日子さんの様な存在感、緑魔子さんのようなコケティッシュな空気を
    何時までも醸し出され、ぼちぼちお願いします。
    応援しております。                     感謝

                                   志鷹 豪次

  6. 根岸季衣さま
    管理人ちよ さま

    おはようございます。

    いつもお世話になります。週末の銀座でのライブ、伺えなくて申し訳ないです。
    これまでのライブの模様を動画で拝見させて頂いていたので、本当に残念です。
    「東京 銀座 ライブ 根岸季衣」
    これがここ最近、私のキーワードだったので、2ヶ月間元気を頂いておりました。
    結果は「大阪 下町 街工場 取材」
    になってしまいました。

    いつか必ず根岸季衣ツアーを独自で企画し、
    突然参上いたしますので、それまでお元気でお過ごし下さい。
    いつもありがとうございます。

                      志鷹新聞社    志鷹豪次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA